このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

10万円以下でゲームもできるエンタメ性能も欲しい人集まれ!

ENVY 15-k000は、GeForce 840M搭載の質にこだわる高性能機

2014年08月11日 11時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカードから7月に登場した「ENVY 15-k000」シリーズは、15.6型液晶搭載のハイパフォーマンスノートだ。日本ヒューレット・パッカードは、タブレット端末からハイエンドワークステーションやサーバーまで、非常に幅広い製品ラインナップを誇る。その中でもENVYシリーズは個人向けで、エンターテイメント機能や先進的な機能が充実したプレミアムノートという位置付けだ。ENVYシリーズではお馴染みの高音質スピーカー「BeatsAudioスピーカー」と、新たに開発された「HPコントロールゾーン トラックパッド」と呼ばれるトラックパッドを搭載。高い基本スペックと優れた使い勝手を両立しているのが魅力だ。

15.6型液晶搭載のハイパフォーマンスノート「ENVY 15-k000」

 搭載CPUやGPUなどの違いによって、スタンダード・フルHDモデルの「ENVY 15-k001TU」、パフォーマンス・フルHDモデルの「ENVY 15-k014TX」、プレミアム・フルHDモデルの「ENVY 15-k033TX」の3モデルを用意している。順に高スペックとなるが、今回は中位にあたるパフォーマンス・フルHDモデルを試用する機会を得たので、早速レビューしていきたい。

ENVY 15-k000シリーズの中位モデル「ENVY 15-k014TX」の主なスペック
CPU Core i7-4510U(2.5GHz)
グラフィックス GeForce 840M
メモリー 16GB
ストレージ 1TB ハイブリッドHDD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
光学ドライブ Blu-rayディスクドライブ
インターフェース USB 3.0×3、HDMI端子×1、マイク入力/ヘッドフォン出力端子×1
オーディオ機能 IDT HighDefinition Audio準拠、BeatsAudio、デュアルスピーカー、サブウーファー
内蔵カメラ 92万画素ウェブカメラ
連続駆動 約4時間30分
サイズ/重量 幅385×奥行き261×高さ26.5~30.5mm/約2.4kg
OS Windows 8.1 update(64bit)

初出時、搭載するGPUの名称に誤りがありました。お詫びし、訂正させていただきます。(2014年8月26日)


(次ページ「リビングや書斎などにも違和感なく溶け込む高品質なボディ」へ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ