このページの本文へ

さらにオシャレに! 女性ユーザーを意識した「PENTAX Q-S1」

2014年08月05日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ
「PENTAX Q-S1」。店頭モデルは4色のカラーバリエーションを用意する

 リコーイメージングの「PENTAX Q」は、手の中に納まる超小型サイズのデジタル一眼カメラ。その最新機種となる「PENTAX Q-S1」はデザインを重視したモデルだ。8月28日発売予定で、ボディーのみの予想実売価格は4万3000円前後。

1/1.7型の撮像素子を採用。スマートエフェクトを割り当てられるクイックダイヤルを前面に配置する 背面には3型の液晶モニターを搭載
1/1.7型の撮像素子を採用。スマートエフェクトを割り当てられるクイックダイヤルを前面に配置する背面には3型の液晶モニターを搭載
本体上面にはアクセサリーシューを搭載するが、ポップアップ式のフラッシュも内蔵する

 1/1.7型1240万画素のCMOSセンサーに3型(約46万画素)の背面液晶モニターなど、基本スペックは従来機の「PENTAX Q7」と同じ。

 変わったのは本体デザインで、若い女性を狙った外観となっている。

フロントシートに合皮素材を採用。カラーにより模様が少し異なる

 ボディーにはブラックやガンメタルといった男性受けしそうなカラーに加え、シャンパンゴールドやピュアホワイトといったカラーを用意。また、本体前面のフロントシートに合皮素材をはじめて採用し、質感を高めるとともにカーマインレッドやクリームといったカラーをワンポイントで配置する。

左側に設けられた突起部。指をかけられる 左側に設けられた突起部。指をかけられる

 PENTAX Q7では前面右側にクイックダイヤルが配置されていたが、Q-S1では見た目のバランスを考慮し、左側グリップ部に円形の突起を配置。この突起は赤外線リモコン受光部になっれいるほか、手持ち撮影時は指をかける場所にもなる。この突起やクイックダイヤルはアルミ素材を採用し、高級感を演出している。

 機能面では、動画撮影中にコンティニュアスAFが使用可能となり、被写体に対してピントを合わせ続けることができる。また、写真に特殊効果をかけられる「スマートエフェクト」において、新たに「アンティーク」と「フェードカラー」を追加。

 アンティークはコントラストをやわらかくすることでレトロ感のある雰囲気となり、フェードカラーはおしゃれな退色感を演出できる。

 製品は本体のみのほかに「PENTAX-02 STANDARD ZOOM」が付属するズームレンズキット(予想実売価格)と、上記に加えてPENTAX-06 TELEPHOTO ZOOMが付属するダブルズームキット(同)を用意。

「オーダーカラー受注サービス」で選べるカラーバリエーション
「オーダーカラー受注サービス」で選べるカラーバリエーション
「PENTAX-01 STANDARD」レンズも、本体カラーに合わせた色を選べる
「PENTAX-01 STANDARD」レンズも、本体カラーに合わせた色を選べる

 加えて、本体5色とフロントシート8色の組み合わせを自由に選べる「オーダーカラー受注サービス」も利用可能。さらに本体カラーに合わせた「PENTAX-01 STANDARD」の購入もできる。本サービスは8日から受付を開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART