このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ユニティちゃんで行こう! ― 第1回

太ももとスク水の質感はなかなか…

56種のボイスでニヤニヤできる、G-Tuneのユニティちゃんコラボノート

2014年08月06日 09時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターのゲーミングPCブランドG-Tuneから、開発ソフトunityのマスコットキャラ「ユニティちゃん」とのコラボモデルとして、15.6型ノートPC「NEXTGEAR-NOTE i540BA1-Unity」が登場した。天板のユニティちゃんはコラボPC用に描き下ろされたもので、捲れたスカートの下にあるスク水が拝めるようになっている(なお、ユニティちゃんが服の下にスク水を着ているのは公式設定)。

 天板を一日中眺めていたいくらいだが、これではPCがいじれない。しかしそこは心配ない。同じ絵柄の壁紙を始め、ユニティちゃんの壁紙が7種類も用意されている。一日中仕事もせず眺めることも可能だ。

15.6型フルHDモニター採用のノートマシン。少々かさばって重いが、モバイル用途にも使用可能だ。約2.5Kgの重さを持ち歩く体力よりも、天板を人目に晒す精神力を必要とする
ユニティちゃんの絵柄で7種、Unityのロボっぽいのが2つの計9枚のオリジナル壁紙が入っている

 スカートの捲れ具合はちょっと無理矢理だが、それにしても太ももとスク水の質感の描写具合はなかなか。屋外で天板が周りの人に見えてしまうような状況では使用を躊躇するレベルに仕上がっている。

 天板の絵は描き下ろしだが、4月7日の「Unite Japan 2014」で行なわれたカンファレンスで、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの大前広樹氏とキャラクターデザインを担当したntny氏がユニティちゃんの魅力を得々と解説しているときのスライドにも使用されていた。見覚えのある人もいるだろう。

ユニティちゃんのダウンロードを発表した時のカンファレンスでの1シーン。広報とデザインした人が延々とユニティちゃんの魅力を語った

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune