このページの本文へ

リンクスがECSと代理店契約、新型LIVAを8月に発売

2014年08月01日 00時01分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リンクスインターナショナルが31日、都内で記者発表会を開催し、ECSの正規代理店契約を締結したと発表した。それにともない、8月9日よりECSの超小型PC「LIVA」の新製品(型番:LIVA-C0-2G-64G-W)を発売開始する。

ECSの正規代理店契約を発表する、リンクスインターナショナル代表取締役の川島 義之氏(写真左)と、ECS開発部長の林 宏宇氏(写真右)

ストレージ容量を2倍に倍増した
新型「LIVA」

 「LIVA」の新製品は、筐体のカラーが白に変わり、eMMCストレージが2倍の64GBになったのが特徴だ。細かい部分では、CPUが旧モデルの「Celeron N2806」(1.60GB)から「Celeron N2807」(1.58GB)に変更されているが、ほとんどスペックに差はないので、気にする必要はないだろう。

ストレージが64GBになった新型「LIVA」。8月9日発売予定で、予価は1万8980円(税込)
完全ファンレスの筐体内部。M.2ソケットには、Wi-Fi+Bluetoothコンボカードを搭載する
背面にはギガビットLAN、USB 3.0、USB 2.0、HDMI、D-sub端子を備えるデモでは、モバイルバッテリーでLIVAを駆動。さらにリモートデスクトップ機能を使い、iPhoneでWindowsを操作できるようにしていた
LIVAの特徴
スペック表

Thin Mini-ITX対応マザーなど
自作向け製品も国内で展開予定

 記者発表会では、自作市場向けにマザーボードを投入することも明らかになった。DCアダプターの入力端子を備えるThin Mini-ITX対応マザーボード5製品、Micro ATXマザー1製品、ATXマザー1製品の計7製品を、まずは展開する予定だ。

DCアダプターの入力端子を備えるThin Mini-ITX対応マザーボード
Celeron 1037U/807をオンボードで搭載する「NM70-TI」Pentium J1850/J2850をオンボードで搭載する「BAT-TI」
Z97チップセット搭載のMicro ATXマザー「Z97-PK」Z97チップセット搭載のATXマザー「Z97-MACHINE」

ショップでは早速LIVAの予約を開始!

 BUY MORE秋葉原店では、新型「LIVA」の予約を8月1日より開始する。なお、リンクスインターナショナルによると、2次出荷の日程は未定なので、初回入荷分が完売した場合、しばらく入手できない可能性があるとのこと。前モデルも人気が集中したので、発売日に確実に入手したい人はショップで予約するといいだろう。

BUY MORE秋葉原店で、新型「LIVA」の予約を8月1日より開始

【関連サイト】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中