このページの本文へ

アフィリエイトは副業? 本業? 月収入は? 2000人調査

2014年07月29日 17時00分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 自身が開設するWebサイトやブログを使い、お小遣い稼ぎできるというアフィリエイト。これは成功報酬型広告の1つで、まずはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)が運営するアフィリエイトプログラムに登録。同プログラムでラインナップされている商品・サービスを自身のWebサイトやブログで紹介し、それを見たユーザーが購入すれば、売上の一部を成果報酬として得られるのが一般的だ。

 個人でWebサイトやブログを開設し、アフィリエイトに取り組むユーザーはアフィリエイターと呼ばれているが、アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」を運営する国内大手ASPのファンコミュニケーションズは29日、アフィリエイターの実態を調査し、結果を公開した。

専業/兼業の割合
専業/兼業の割合

 A8.netに登録するアフィリエイターのなかから2000人を対象にした同調査によると、アフィリエイトを副業にする兼業アフィリエイターが全体の9割超で、本業とする専業アフィリエイターはわずか6.3%だった。会社員での兼業は全体の40.2%、主婦は22.1%。アフィリエイターの年齢層は、30~44歳が全体の過半数となる54.2%を占めた。

年齢構成
年齢構成

 月間平均収入は、0~999円が54.1%で過半数がアフィリエイト収入ゼロか1000円未満。5万円以上の収入を得ているアフィリエイターは全体の1割に満たないが、30万円以上稼ぐアフィリエイターも2.9%いた。

月間平均アフィリエイト収入
月間平均アフィリエイト収入

 月間平均収入をアフィリエイト歴でみると、アフィリエイト歴が長いほど収入は上がり、20万円以上を稼ぐアフィリエイターの6割は3年以上の経験を持つ。しかし、30万円以上のアフィリエイターのうちアフィリエイト歴半年未満が7.1%もおり、1年未満(5.4%)を含める1割を超える。

アフィリエイト歴別の月間平均アフィリエイト収入
アフィリエイト歴別の月間平均アフィリエイト収入

 アフィリエイトでの月間平均収入が1000円未満のアフィリエイターが半数を超えるほど、アフィリエイトでのお小遣い稼ぎは決してたやすいことではない。しかし、経験とともにスキル等を磨けば徐々に収入を得られるようになり、なかにはアフィリエイト歴半年未満でも30万円以上を稼ぐ強者も。基本的には副業だが、専業で活動するアフィリエイターが6.3%いることも見逃せない。

カテゴリートップへ

ピックアップ