このページの本文へ

知多歴史民俗博物館が初のiPhone/iBeaconを活用

公立博物館としては国内初のiBeacon応用音声ガイドが運用開始

2014年07月28日 17時03分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
音声ガイド利用イメージ

 サンコウ電子は7月28日、公立博物館・美術館としては初のiPhoneを用いた音声ガイドシステムの運用開始を発表した。音声ガイドは7月19日からスタートしている。

 これは同社とナカシャクリエイテブが開発、愛知県知多市にある知多市歴史民俗博物館「ふゅうとりぃ・ちた」の常設展示として導入されたもの。iPhoneのiBeacon機能を利用し、利用者はあらかじめAppleStoreからアプリをダウンロード。展示場所近づく自動的に展示内容の開設が始まる。

アプリ画面イメージ

 iBeaconのビーコンは館内6ヵ所に設置、すべてを回るとミュージアムグッズがプレゼントされるしくみ。アプリのダウンロードは無料。知多歴史民俗博物館の利用(常設展)は観覧無料で午前9時~午後5時まで開館(休館日:月曜日)。

プロモーション動画

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART