このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Facebookカレー部員とともに良品計画の担当者に直撃取材!

本物へのこだわりと溢れるカレー愛が生んだ無印良品のカレー

2014年08月13日 17時00分更新

文● 大谷イビサ/ASCII.jp編集部 協力●Facebookカレー部 写真●曽根田元

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本場の味を手軽に楽しめる無印良品のカレーシリーズ。愛され続ける味をどのように作り出すのか? 新商品開発までの苦労とは? なにより良品計画はなぜここまでカレーにこだわるのか? 今回は不肖オオタニがFacebookカレー部のメンバーと共に、良品計画のカレー担当者に直撃取材することにした。(以下、敬称略)

古すぎて、前世紀から始まったことしかわかりません

カレー部 大谷:まずは無印良品のカレーの歴史を教えてください。私が物心ついたときからあったので、かなり古いのでは?と思っているのですが……。

無印良品 前:去年くらいからTVでも取り上げられているので、われわれも歴史をひもといているのですけど、もはや誰もわからないくらい昔からやっているようです。当初はレトルトではなく、ルーのカレーやパッケージから始まり、今も残っているレトルトだと、グリーンカレーが一番古い。でも古すぎて、2000年以前からやってた、ということしかわかりませんでした(笑)。

良品計画 食品部 企画開発担当 (兼)調味・飲料担当課長 前 美和子さん

無印良品 渡辺:実はグリーンカレーはレトルトの前に、手作りキットがありました。当時、タイカレーはメジャーではなかったのですが、これは手軽に作れて美味しいということで、レトルトで作ることにしたんです。

カレー部 大谷:へえー。レトルトが先というわけではないんですね。みなさん知ってました?

カレー部 三枝:私、2000年より前に手作りキットで作ったことあります。先日、久しぶりに作りましたけど、すごい美味しくなっていますよね~。

無印良品 前:ありがとうございます!

カレー部 大谷:現在、何種類くらいあるんでしょうか?

無印良品 渡辺:レトルトで15種類、手作りが5種類ですね。シリーズを代表するグリーンカレーやバターチキンカレーのほか、オーソドックスなアメ色玉ねぎのカレーシリーズ、チャナマサラ(豆カレー)やマッサマン、ポーククルマなど普段目にしないようなカレーまで幅広く商品が揃えてあります。

良品計画 食品部 調味・飲料担当 渡辺優子さん

カレー部 大谷:マニアックな品揃えですよね。一番人気なのはどれですか?

無印良品 前:ちょうど「カレーなる無印良品」という特設サイトやっていますが、バターチキンがダントツです。次にグリーンカレー、3位にキーマと続きます。ちなみに無印良品のレトルトカレーは、全7000品目ある商品の中でも、特に人気の高い商品です。

特設サイト「カレーなる無印良品」(http://curry.muji.net/)

カレー部 大谷:私もバターチキンが好きです!

カレー部 宗野:やっぱりグリーンカレーでしょう。グリーンカレーのスパイスって、なんだか中毒性がありますよ。

無印良品 前:歴史の古い方と女性はグリーンカレーが好きですね。私もスパイス中毒で、ご飯なくとも、グリーンカレーだけで食べます(笑)。

カレー部 吉越:私も先日はグリーンメインで、イエローをスープで食べました(笑)。どうしても両方とも食べたかったので。

「グリーンカレーメインで、イエローをスープとして食べました」(カレー部 吉越)

カレー部 新妻:私はたまたま食べたマッサマンにはまりました。

カレー部 大谷:最初聞いたときは、どんな正義の味方かと思いましたが……(笑)。

カレー部 三枝:まあ、男性はたっぷり玉ねぎ炒めた甘いカレーですよね。あとから辛いカレーが好きというのは、だいたいマザコンです。

全員:(笑)

期間限定だったあのカレーは復活しないの?

カレー部 大谷:逆に人気がなかったのとかありますか?

無印良品 前:人気がなかったわけではないですが、2年くらい前に期間限定で「マンゴーカレー」というのを出したことありました。タイのマンゴーを使ったこだわりのカレーでした。あとはベトナム風さつまいものカレーとか。

「2年くらい前に期間限定で「マンゴーカレー」というのを出したことありました」(無印良品 前)

カレー部 吉越:ああ、それ見たことある!

無印良品 渡辺:ただ、サツマイモが溶けちゃうんですよね。あと、シンガポール風スープカレーとか。

カレー部 新妻:ぜひ復活祭りやって欲しいなあ。

カレー部 大谷:ラインナップも豊富ですが、価格もずいぶん違うんですよね。

無印良品 渡辺:だいたい300円で、ものによっては500円。無印のカレーってみんな美味しいと言ってくださるんですけど、値段は決して手頃というわけではないです。ただ、試してみたいという方のために、価格が手ごろで、みんなが好きな味ということで出したのがビーフカレー。こちらは150円になります。

カレー部 吉越:特にターゲットというのはあるんでしょうか?

無印良品 前:無印良品自体のお客様がやはり女性8割なので、おのずと女性が多いですね。ただ、男性の方にも熱烈なファンもいらっしゃいます。ですから、特にターゲットはなく、みなさんに食べていただきたいと思って作っています。

カレー部 三枝:OLが会社の帰りに買って食べるちょっとオシャレなカレーという感じ。ちゃんとかわいいお皿とランチョンマット引こうかなみたいな。確かにちょっと高いけど、無印良品のレトルトは、寂しいというイメージがない。

「OLが会社帰りに買って食べるちょっとオシャレなカレーという感じ」(カレー部 三枝)

無印良品 渡辺:あと、うちのカレーの特徴は、1人ではなく、みんなで食べるという方が多いこと。ブログなどを見せていただくと、今日はカレーパーティだから、無印のカレーみたいな感じで食べてもらってますね。

カレー部 吉越:うちのカレー部は友達いないから、1人で食べている人多いよね(笑)。

カレー部 大谷:(笑)部長がなに言ってるんですか!

(次ページ、「パウダー使ってるから美味しくない」と言われた)


 

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ