このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第169回

海外旅行でデジカメの写真をその場でSNSにアップする技

2014年07月23日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 普段はスマホのカメラで十分でも、海外旅行などではデジカメが活躍する。なんといっても、レンズやセンサーが大きいし、光学ズームや手ぶれ補正が使えるのが頼もしい。とはいえ、写真をSNSに投稿するには一度ホテルに戻ってPCを操作しないと……。そんな悩みを解消してくれるのがWi-Fi搭載カメラ。今回はWi-Fi搭載カメラで、デジカメ写真をその場でSNSにアップする技を紹介しよう。

Wi-Fi搭載カメラなら、屋外でも直接スマホに写真を転送できる

PCなしでスマホに写真を送信できる

 海外旅行ではデジカメを活用したい。いくらスマホカメラの画質が向上しているとはいえ、広大な風景や暗いところでの撮影はデジカメの方がきれいに撮れるし、光学ズームも搭載している。しかし、デジカメだと写真をSNSに投稿できるのは、PCに取り込んだ後になる。さすがに旅行中、常にPCを持ち歩くことはないだろうから、ホテルに帰ってからになる。そもそも、海外旅行にPCを持って行かない人も多いだろう。そんな時におすすめなのが、Wi-Fi機能を搭載しているカメラ。最近のコンデジなら、多数のモデルが対応している。海外でもスマホをネットにつなぐのが当たり前になっているので(「第132回 できるだけ安く高速に! 海外旅行でネットを使う技」や「第148回 現地でSIMを買って海外旅行時のネット代金を抑えるワザ」を参照)、ぜひWi-Fiカメラを活用することをお勧めする。

 今回、使ったのはカシオのコンデジ「EXILIM」シリーズの「EX-ZR850」。今年5月に発売された新モデルで、Wi-Fiを搭載している。有効画素数は1610万画素、光学ズームは18倍、レンジシフト方式の手ぶれ補正機能も搭載している。直販価格は3万4560円とお手頃なのもうれしいところ。

「EXILIM EX-ZR850」(カシオ)は、1/2.3型高速CMOSを搭載。ISO感度は最大ISO25600相当で、無線LANはIEEE 802.11b/g/nに準拠。サイズはW107.4×H60.0×D30.7mm、重量は225g
ブルックリンからリバティアイランドを撮影しても、iPhoneでは自由の女神が米粒サイズ。「EX-ZR850」なら、ズームでここまで大きく撮影できる

 スマホやタブレットでEX-ZR850にアクセスするには、専用アプリを利用する。まずはインストールしておこう。「EXILIM Remote」を利用すれば、撮影済みの写真や動画をスマホやタブレットで再生したり、取り込んだりできる。また、スマホやタブレットをファインダー代わりにして、リモート撮影をすることも可能だ。アプリはiOSとAndroidの両方で公開されている(Android版アプリはこちら)。

EXILIM Remote App
価格無料 作者CASIO COMPUTER CO., LTD.
バージョン2.1.1 ファイル容量1.6 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(3)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.3以降

撮影済みの写真を選択して取り込む

 まずは撮影した写真をまとめて取り込む方法を紹介する。カメラを再生モードにして、「MENU」を開き、「スマートフォンへ送る」を選択する。画像の一覧が表示されるので、転送したい写真を選択しよう。一度に最大100枚まで選択できる。選択したら、「MENU」キーを押して決定する。送信準備が完了すると、画面にカメラのSSIDと暗号化キーが表示されるので、スマホの無線LAN設定からアクセスする。接続できると送信が始まるので、しばらく待とう。iPhoneなら「写真」アプリのカメラロール、Andorid端末なら「ギャラリー」アプリに保存される。これで、その場からデジカメ写真をSNSに投稿できるようになる。

再生画面から「MENU」を押して、「スマートフォンへ送る」を選択する「SET」を押して写真を選択する
ズームを動かすと全画面表示になり、同じように「SET」で選択できる。左右のボタンで前後の写真に切り替えられる。選択し終わったら、「MENU」で完了SSIDと暗号化キーが表示されるスマホアプリを起動するように指示が表示される
スマホの無線LAN機能で、アクセスする
画像の転送が始まる
画像が転送された

 できればすべての写真を転送してスマホで管理したいが、ストレージ容量が限られているのがネック。デジカメ写真は大きいので、枚数が増えると容量がかさんでしまうのだ。「EX-ZR850」でも、被写体によっては4~5MBにはなってしまう。そんな時は、写真をリサイズしてから送信するようにすればいい。3MBまでダウンサイジングしてから送信できる。それ以下の写真はそのままのサイズで転送される。これなら、300枚転送しても容量は1GBで済む。

「MENU」を押して「SETTINGS」から「送信時リサイズ」を選ぶ「3M」を選択する。「切」にすると、そのままのサイズで転送されるようになる

次ページでは、「みんなのスマホからアクセスして写真を閲覧する方法をレクチャー

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART