このページの本文へ

IO DATA「USB-4K/DP」

世界初、4K対応のUSBグラフィックアダプターが間もなく発売

2014年07月10日 23時34分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 世界初となるアイ・オー・データ機器の4K出力対応USBグラフィックアダプター「USB-4K/DP」。そのサンプル版がツクモパソコン本店に入荷している。なお、同店では近々デモも実施予定だ。

世界初となる4K出力対応USBグラフィックアダプター「USB-4K/DP」がアイ・オー・データ機器から登場予定

 「USB-4K/DP」は、出力インターフェースとしてDisplayPort×1を備えるUSBグラフィックアダプター。USB 3.0接続時に、4K解像度の写真や画像をDisplayPort搭載の液晶ディスプレーに表示でき、ビオデカードを増設できないノートPCでも4K出力が可能だ。なお、フルHDを超える出力解像度の場合は、動画再生には対応しない。

出力インターフェースとしてDisplayPort×1を備えるUSBグラフィックアダプター。USB 3.0接続時に、4K解像度の写真や画像をDisplayPort搭載の液晶ディスプレーに表示できる

 そのほか、フルHD(1920×1080ドット)やWQHD(2560×1440ドット)など、4K以外の出力にも対応。接続インターフェースはUSB 2.0(フルHDまで)またはUSB 3.0(フルHDを超える場合)で、消費電流は最大約500mA。電源はUSBバスパワー供給のみというスペック。サイズは44(W)×76(D)×14(H)mm、重量約31g。対応OSはWindows 8.1/8/7。
 発売は7月中旬を予定しており、予価は1万2800円(税抜)だ。

フルHD(1920×1080ドット)やWQHD(2560×1440ドット)など、4K以外の出力にも対応。接続インターフェースはUSB 2.0(フルHDまで)またはUSB 3.0(フルHDを超える場合)

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中