このページの本文へ

「三井住友VISAプリペイドe」がコンビニで現金購入可能に

2014年07月08日 17時05分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 三井住友カードは8日、電子マネー型プリペイドカード「三井住友VISAプリペイドe(プリペイドe)」のコンビニでの販売を開始した。

 取り扱うコンビニは、全国のローソン約1万2000店、ミニストップ約2000店、およびファミリーマート約1万1000店。コンビニ販売は「プリペイドe」を現金で購入したいというユーザーにこたえるもので、購入手続きと決済がコンビニでほぼ同時に完了できるようになる。

「三井住友VISAプリペイドe」をコンビニで現金購入するイメージ
「三井住友VISAプリペイドe」をコンビニで現金購入するイメージ

 ローソンおよびミニストップの多機能端末「Loppi」と、ファミリーマートの多機能端末「Famiポート」を使い、専用画面から購入金額を2000円・3000円・5000円・7000円から選択。端末から出力される支払伝票を持ってレジで購入金額を支払えば決済は完了し、受け取った領収書に記載された仮発行番号をプリペイドe専用サイトに入力することで、「プリペイドe」が画面上に本発行される。

「三井住友VISAプリペイドe」の概要
「三井住友VISAプリペイドe」の概要

 利用方法は、1回ごとに使い切ってその都度新たなカード番号に変更していく使い方と、有効期限内に繰り返し何度でもチャージをして利用する使い方の2種類から選択可能。繰り返しチャージして使いたい場合も、「Loppi」と「Famiポート」で同様の手続きを行い、専用サイトで既存カードへリチャージできる。

カテゴリートップへ

ピックアップ