このページの本文へ

ドイツの認証機関「TÜV」の耐久テストをクリアした高い堅牢性

4K液晶、Quadro K2100Mの15.6型モバイルワークステーション「dynabook Satellite WS754/M」

2014年07月08日 18時42分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4K解像度対応ディスプレーで、GPUがQuadro K2100Mのモバイルワークステーション「dynabook Satellite WS754/M」

 東芝は7月8日、4K解像度(3849×2160ドット)の15.6型ノートPC「dynabook Satellite WS754/M」を発表した。7月下旬に発売予定。

 dynabook Satellite WS754/MはGPUにQuadro K2100Mを搭載するモバイルワークステーションで、高い演算処理性能とグラフィック処理性能を実現するという。製品出荷時にディスプレーの色調整を個別に実施するので、sRGBに対応したプリンター/印刷機へ出力する際の色補正作業が大幅に軽減できるとしている。アプリケーションや作業環境に合わせて表示色域が変更可能な「Chroma Tune for TOSHIBA」が使用できる。

 ドイツの認証機関「TÜV」が実施する76cmの落下や100kgfの面加圧などの耐久テストをクリアした高い堅牢性を実現。3D加速度センサーで落下などPCの不安定な動きを検出し、ディスクヘッドを避難させてHDDクラッシュを防止する「HDDプロテクション」も搭載している。

 CPUはCore i7-4810MQ vPro(2.8GHz)、メモリーは16GB、ストレージは500GB HDDという構成だ。OSはWindows 8.1 Pro Update(64bit)もしくはWindows 7 Professional SP1(64bit)が選択可能。ディスプレーは4K解像度モデルのほか、フルHDモデルも選択可能。通信規格は有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、Bluetooth 4.0に対応している。

 また、4K出力に対応するHDMI端子搭載モデルとDisplayPort搭載モデルが選択できる。そのほかのインターフェースはUSB 3.0端子、USB 2.0端子、ミニD-sub 15ピン、マイク入力/ヘッドフォン出力端子。

 価格は4Kディスプレー搭載モデルが51万6240円、フルHDディスプレー搭載モデルが42万9840円。

dynabook Satellite WS754/Mの主なスペック
製品名 PW754MAXLKBAF73 PW754MAMLKBAF33 PW754MAXLKBAJ33 PW754MAMLKBAJ73
CPU Core i7-4810MQ vPro(2.8GHz)
グラフィックス Quadro K2100M
メモリー 16GB
ストレージ 500GB HDD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット) 15.6型(3840×2160ドット) 15.6型(1920×1080ドット) 15.6型(3840×2160ドット)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×3、HDMI端子×1、ミニD-sub 15ピン、マイク入力/ヘッドフォン端子 USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×3、DisplayPort×1、ミニD-sub 15ピン、マイク入力/ヘッドフォン端子
連続駆動時間 最大約7.5時間 最大約5.5時間 最大約7.5時間 最大約5.5時間
サイズ/重量 約幅379.8~380.9×奥行253.9×高さ27.8~34.9mm/約2.7kg
OS Windows 8.1 Update(64bit)/Windows 7 Professional SP1(64bit)

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー