このページの本文へ

SDN/NFVを盛り込んだ新しいネットワークのための基盤

キャリアクラウドに向けた「Brocade Vyatta Platform」の狙い

2014年06月27日 14時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

6月26日、ブロケード コミュニケーションズ システムズ(以下、ブロケード)は、クラウドプロバイダーや通信事業者向けのプラットフォーム戦略「Brocade Vyatta Platform」についての説明会を開催した。

オープンで標準化された技術を大幅に取り込む

 Brocade Vyatta Platformは、オープンソースの仮想ルーター「Vyatta(ヴィアッタ)」を基盤としたオープンなプラットフォーム戦略。Vyattaはさまざまなハイパーバイザー上で動作する仮想ルーターで、ルーティングやファイアウォール、VPNなどの機能、各種ツール類を搭載したLinuxディストリビューションとして提供されている。クラウドプロバイダーおよび通信事業者を対象に、ネットワーク機能の仮想化を実現するNFVやオープンな技術によるSDNを取り込んだネットワークの構築・運用を可能にする。

 Brocade Vyatta Platformのアーキテクチャは、レイヤー3-7の機能を持ったVyatta vRouterやvADXによる「NFV(Network Functions Virtualization)接続サービス」、OpenDayLightによる集中管理を実現する「SDN構造サービス」、そしてOpenStackをはじめとした幅広いサードパーティによるプロビジョニングを可能にする「機能オーケストレーション」の各レイヤーで構成され、特にSDNやオーケストレーションなど上位層のサービスは今後複数年をかけて実現される予定となっている。

Brocade Vyatta Platformのアーキテクチャ

 また、レイヤー間の通信はRESTなどのAPI、OpenFlowをはじめとした標準プロトコルが用いられ、高い相互運用性を確保するという。さらに、欧州における通信標準化団体であるETSI(European Telecommunications Standards Institute)のNFV ISGで示された要件を取り入れることで、通信事業者の要求するアプローチにも応えるという。

 OpenStackやOpenDayLight、OpenFlowなどのオープンと呼ばれる技術を徹底的に取り込むほか、通信事業者での採用を見越した標準仕様にも配慮されているのが、アーキテクチャの特徴だ。

バイイングパワーは通信事業者にシフト

 こうしたプラットフォームが登場した背景について、開発を主導した米ブロケードのSoftware Networking Group プロダクト マネジメント ディレクターのジェームス・ウォン氏は、データセンターでの購買が大きく変わってきたことを挙げた。

米ブロケードのSoftware Networking Group プロダクト マネジメント ディレクターのジェームス・ウォン氏

 従来、データセンターはエンタープライズが主導していたが、プライベートクラウドからパブリッククラウドの移行が進んだことで、クラウドプロバイダーに購買力が変化してきた。しかし、今後は「NFVやSDNのような新技術の導入により、今後は通信事業者のサブスクリプション型クラウドが台頭してくる」とウォン氏は指摘。こうしたバイイングパワーの変化、NFVやSDNへの対応するのが、Brocade Vyatta Platformだ。

 こうしたトレンドに従い、ブロケードの製品であるVyatta自体も大きな変化を遂げるという。ブロケードが提供する第一世代のVyatta 5400 vRouterではAWSなどのパブリッククラウドでの利用を前提としたモノリシックなソフトウェアだったが、今年投入されたVyatta 5600 vRouterはコントロールプレーンとデータプレーンを分離。複数のワークロードで特定のCPUコアを取り合うことがないようにする最新アーキテクチャを採用することで、ハイパフォーマンス・低遅延を同時に実現した。また、SDNに対応すべく、REST APIやOpenFlow/YANG/Netconfなどをサポートし、外部からのオーケーストレーションも可能になった。

Virtual Distributed Routerに向けたVyattaの進化

 今後は分離したデータプレーンをさらに分散可能な「Virtual Distributed Router」の開発を進める。これにより、Vyattaをコントロールプレーンと複数のデータプレーンで構成されるシャーシ型スイッチと同じように扱うことができ、複数システムにまたがった拡張が可能になる。これにより、顧客側に設置するCPEや小型基地局のようなマイクロデータセンターの代わりにデータプレーンを配置し、バックプレーンに対してVXLANの通信をカプセル化するとともにシステムの拡張やルーティングの最適化を実現するという。

Vyatta CTO エンジニアリング シニアディレクターのロバート・ベイズ氏

 Vyatta CTO エンジニアリング シニアディレクターのロバート・ベイズ氏は「コードレベルでは5600とほとんど同じだが、データモデルを拡張し、複数のインスタンスとやりとりできる。データセンター内の1つの巨大なバーチャルルーターとして利用することが可能だ」と語る。

カテゴリートップへ

ピックアップ