このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ふぉんじょ@ ~ヘッドフォンと女の子

乃木坂46 伊藤万理華「ファイナルとマーシャルを使い分けています」

2014年07月16日 17時00分更新

文● 貝塚怜、聞き手● 荒井敏郎、写真● 魚住誠一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

伊藤万理華(いとう まりか)

 1996年生まれの18歳。アイドルグループ「乃木坂46」のメンバー。キャッチフレーズは「乃木坂46のベビーフェイス担当、伊藤万理華」。オーディオ好きの兄と父を持ち、自身もロック、ジャズ、クラシックなど様々なジャンルの音楽を聴く。

「清楚なイメージの乃木坂だけど、夏はアゲアゲですよ!」

—— 7月9日に新曲「夏のFree&Easy」が発売ですね。どんなイメージの曲ですか?

まりか「乃木坂は落ち着いたイメージの曲が多いって言われがちだけど、毎年夏になるとアッパーチューンというか、アゲアゲな曲を歌うんです。今回の曲もそんな感じで、カラオケなんかで盛り上がれる曲じゃないかなって思います」

—— これまでの楽曲とは、少し違ってますよね。

まりか「昨夏の『ガールズルール』でもセンターが変わったりしてますが、新しい乃木坂のイメージを見られるのが、夏なんだって思いますね(笑)。

 いつもの乃木坂は清楚なイメージだけど、(夏になると)なんていうか、現代っ子みたいな。そういう切り替え方もいいかなって思います」

—— 伊藤さん自身がセンターをつとめるアンダー楽曲「ここにいる理由」はどうですか?

まりか「アンダー楽曲は、何系っていうんですかね。私のすごいお気に入りの曲なんです。なんかこう……電子っぽいというか。ちょっとアイドルっぽくない感じで、聴いていてかっこいいです。

 ダンスも動きがパキパキしていてかっこよくて。これもライブで盛り上がりそうだなって思っているので、ぜひ見てもらいたいですね」

—— 夏のFree&Easyの予告PVでは、みんながヘッドフォンを着けていますね。

まりか「現代の女の子が、街で自由に音楽を聴いている、っていうイメージなんです。みんながそれぞれのキャラクターのイメージに合わせたヘッドフォンとかイヤフォンを着けて、その子の好きな曲を、その子の好きなところで聴くというシチュエーションです。カフェにいる子もいたり……ショップさんでとか、書店さんでとか……。何聴いてるんだろって想像するのも面白いと思います。

 渋谷のファッションビルでの撮影だったんですけど、メンバーも私もみんな渋谷によく行くので、びっくりしました。あっ! ここで撮影なんだ! って」

—— 特典映像でもヘッドフォンをしてますし、横浜アリーナの2周年ライブのヘッドフォン姿も印象的でしたね。

まりか「そうなんです。実は前回の特典映像でもヘッドフォンをしていて。ファンの方は、『万理華はヘッドフォンのイメージある』『ヘッドフォンといえば万理華』って言ってくれたりするので、今回の取材、嬉しかったです!」

—— 「ヘッドフォンといえば伊藤万理華」!

まりか「いやあ、分かんない分かんない(笑)。でも、言ってくれる方が多いのは、うれしいですね」

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

QDレーザー販促企画バナー

秋の「鉄板ヘッドフォン」購入ガイド

ピックアップ