このページの本文へ

Crucial「CT120M500SSD4」、「CT240M500SSD4」、「CT480M500SSD4」

Crucial製SSD「M500」シリーズのM.2インターフェース版が登場

2014年06月24日 23時01分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CrucialからSerial ATA接続のM.2対応SSD「M500 M.2」シリーズが登場、パソコンショップアークで販売中だ。

Serial ATA接続のM.2対応SSD「M500 M.2」シリーズがCrucialから登場

 「M500 M.2」シリーズは、インターフェースがM.2 2280-D2-B-Mに対応したSerial ATA(6Gbps)接続のM.2対応SSD。当然、PCI Express接続のモデルより速度の面では劣るものの、販売価格は従来のSSDとそれほど変わらないのが特徴だ。

 主なスペックは、Marvell製のコントローラー「88SS9187」と、Micron製の20nm MLC NANDフラッシュを採用。シーケンシャルリードの最大転送速度は500MB/s、シーケンシャルライトの最大は400MB/s。ラインナップおよび価格は、120GBモデル「CT120M500SSD4」が8980円、240GBモデル「CT240M500SSD4」が1万3600円、480GBモデル「CT480M500SSD4」が2万7380円となっている。

インターフェースがM.2 2280-D2-B-Mに対応したSerial ATA(6Gbps)接続のM.2対応SSD。販売価格は従来のSSDとそれほど変わらないのが特徴

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中