このページの本文へ

アマゾン、多治見FCでヤギによる“エコ除草”を実施

文●通販通信

2014年06月18日 01時18分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image Amazon.co.jpは6月17日、岐阜県多治見市旭ヶ丘にある「アマゾン多治見フルフィルメントセンター」(多治見FC)で、環境に配慮した活動の一環として農業生産法人FRUSICの協力のもと、同社が飼育する30~40頭のヤギが敷地内の草の一部を食べる「エコ除草」を実施すると発表した。

 「エコ除草」は、6月から11月まで毎週火曜日に行う。今回は、昨年の約2倍となる30~40頭のヤギが“除草隊”として、社員が作成したオリジナル社員証を着用し、敷地内に設置された木柵の中で草を食み、敷地内の一部約3750㎡を除草する。同取り組みは社員の働きやすい環境づくりの一環でもあり、社員に「癒し」を提供することも目的としている。

 なお、同社ではペットにケガや病気によりケアが必要となった場合に休暇を取得できる「ペット休暇」を導入しているほか、Amazon.comでは、ペットの犬を職場まで連れていける制度もあるという。

Web Professionalトップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング