このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Firefox OSの勉強会開催 日本向け端末は1万8500円で販売

2014年06月17日 19時45分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mozilla Japanが、モバイルプラットフォーム「Firefox OS」について、メディア向けの勉強会を開催。Firefox OSの現状についての説明とともに、国内向けに各種認証を取得したうえでの販売を予定している開発者向け端末「Flame」が紹介された。なお、Flameの国内価格は1万8500円(税抜、送料込)で、7月発売予定。

国内で正式に入手可能になるFirefox OS搭載の開発者向け端末「Flame」

今夏に2.0に進化するFirefox OS
スッキリしたFirefox OSらしさを追求したUIに

 まず説明されたのは、Firefox OSの現状について。現在は3種のデバイスが、5つのキャリアによって、16ヵ国で展開されている状態。中でも積極的なのはテレフォニカとドイツテレコムで、前者は中南米、後者は東欧などのエリアで、エントリークラスのスマホがリリースされている状態だ。

今回説明を行なったMozilla Japanの浅井智也氏。今年中にさらに市場は拡大される予定

 2014年の夏以降は、端末の幅はさらに上下に広がり、2月のMWCでも発表された25ドルスマホに加え、ミドルレンジクラスや、「Alcatel One Touch Fire S」のようにLTEに対応した端末の登場も予定されている。

ZTEからの新端末のほか、ジャンルも拡大される

 この端末の拡充とともに、今夏登場するのが「Firefox OS 2.0」である。Firefox OSはウェブブラウザーの「Firefox」と同様に定期的(3ヵ月に1度程度)なアップデートを進めているが、今年4月に開発を完了した1.4からは一気にバージョンが進むことになる。

今夏のトピックが2.0のリリースだ

 その理由はUIにおける大きな変化だ。画面下部に固定のアイコンがあって、メイン部分は左右にフリックできる、どこかAndroidに似たホーム画面から、縦方向にスクロールするタイプに変更。曲線にこだわったアイコンや、余計な境界線などが含まれないスッキリしたデザインに進化。Firefox OSらしさを追求したUIを実現できたとする。

スッキリしたデザインが最大の特徴
ちなみにこちらがFirefox OS 1.3のUI

(次ページでは、「開発者向け端末、Flameについて」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART