このページの本文へ

ウェブモデル限定の3年間保障付き

Windows 8.1 with Bingで低価格化! 8型タブ「dynabook Tab S38」東芝ダイレクトモデル

2014年06月18日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
8型タブレット「dynabook Tab S38」で、ロースペックのPCやタブレット向けのOS「Windows 8.1 with Bing(32bit)」を採用するウェブオリジナルモデルが登場

 東芝は、6月16日に2014年夏モデルとして発表したWindowsタブレット「dynabook Tab S38」と「dynabook Tab S50」のラインナップに、直販サイト「東芝ダイレクト」で購入できるウェブオリジナルモデルを追加した。

 全機種とも、マイクロソフトがロースペックのPCやタブレット向けに提供するOS「Windows 8.1 with Bing(32bit)」を採用している。また、ウェブオリジナルモデル限定で3年保障が付属する。

 dynabook Tab S38は、「dynabook VT484」の後継モデルで、従来モデルより薄型・軽量化している。CPUはAtom 3735F(1.33GHz)、メモリーは2GBという構成だ。ディスプレーは8型で、解像度は1280×800ドット。通信規格は無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0に対応する。

 dynabook Tab S38のウェブモデルは、ストレージが64GB フラッシュメモリーの「dynabook Tab S38/W6M」と、32GB フラッシュメモリーの「dynabook Tab S38/W3M」をラインナップする。dynabook Tab S38/W6Mは出荷開始時期が未定で、価格は6万2100円。dynabook Tab S38/W3Mは7月上旬に出荷開始予定で、価格は5万1300円。

10.1型タブレットdynabook Tab S50もウェブオリジナルモデルを追加

 dynabook Tab S50は、Atom 3735F、2GBメモリーを搭載する10.1型タブレットだ。ウェブオリジナルモデルは、ストレージが32GB フラッシュメモリーの「dynabook Tab S50/W3M」、64GB フラッシュメモリーの「dynabook Tab S50/W6M」、64GB フラッシュメモリーでBluetoothキーボードが付属する「dynabook Tab S50/W8M」をラインナップする。

 これらの3モデルの出荷開始時期は未定。価格はdynabook Tab S50/W3Mが5万8500円、dynabook Tab S50/W6Mが7万3980円、dynabook Tab S50/W8Mは、8万3700円。

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー