このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第87回

Xperia Z2、GALAXY S5、AQUOS XxのカメラのNo.1を決める!

2014年06月17日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 夏スマホの中でも先行して発売されたXperia Z2、GALAXY S5、AQUOS Xxの3機種を比較しているスマホ定点観測だが、今回はカメラ比較。3機種ともカメラには力を入れているスマホだけにそれぞれに強みがありそう。カメラのスピード、実写撮影、機能の面からNo.1を決める!

ドコモ「Xperia Z2 SO-03F」au「GALAXY S5 SCL23」ソフトバンク「AQUOS Xx 304SH」

3台のカメラのスペックをチェック

 今回も比較しているのはドコモ「Xperia Z2 SO-03F」、au「GALAXY S5 SCL23」、ソフトバンク「AQUOS Xx 304SH」の3台。カメラのスペックは以下の通りだ。

  Xperia Z2 GALAXY S5 AQUOS Xx
カメラ画素数 2070万画素CMOS
(裏面照射型)
1600万画素CMOS
(裏面照射型)
1310万画素CMOS
(裏面照射型)
F値 2 2.2 1.9
インカメラ 220万画素CMOS
(裏面照射型)
210万画素CMOS
(裏面照射型)
210万画素CMOS
(裏面照射型)
動画と静止画の同時撮影
動画最大サイズ 4K 4K 4K
シーン設定の有無 ×
露出補正
ホワイトバランス調整

 3機種とも画素数の差はあるものの、スペック面で差があるようには感じない。ただGALAXY S5のみ撮影モードを見ると、シーン設定と呼べるほど細かくはなく、基本的にはオートでスマホに任せることになる。Xperia Z2はマニュアルモードでシーン設定が可能。AQUOS Xxは撮影モードで細かくシーンを選べる。

 前々回のスペック&料金比較ではXperia Z2のスペックの高さから勝ちと判断、前回のスピードチェックはGALAXY S5が通信速度で良好な成績を残してリードしている。今回はカメラに注目して比較していく。

カメラの起動時間では
GALAXY S5が確実なリード

 まずはカメラの起動時間をチェック。ロック画面とホーム画面からの起動を3回ずつ行い、その様子を動画で撮影して、時間を計測した。

  Xperia Z2 GALAXY S5 AQUOS Xx
カメラ起動速度 1秒67~2秒47
(ロック画面)
1秒46~3秒00
(ロック画面)
1秒73~2秒36
(ロック画面)
1秒44~1秒67
(ウィジェット)
0秒93~1秒23
(ホーム画面)
1秒33~1秒66
(ホーム画面)

 最短時間を見るとロック画面、ホーム画面からの起動ともにGALAXY S5の勝ち。そして3機種ともロック画面のほうが遅く、2秒台~3秒というタイムも計測している。

 GALAXY S5の場合、ロック画面から起動すると、アイコンを上にフリックして起動するので、この反応がいまひとつだと起動時間が遅くなる。ただホーム画面のトレイにあるアイコンをタップする場合は、体感的にも明らかに高速だ。

 Xperia Z2はドコモの「docomo LIVE UX」の画面から起動。ホーム画面ではウィジェットから起動してこのタイムだ。

 AQUOS Xxはロック画面でボタンをタップしてからカメラを選択する操作があるので、手順が多い。それでもこのタイムなのだから、速いという感じもする。

撮影間隔でもGALAXY S5
AQUOS Xxも安定して速い

 続いてカメラの撮影間隔を計測する。これも3回操作し、最短タイムを掲載している。なお動画で撮影したが、あまりにも撮影が速過ぎたため、スロー再生で確認している。さらにGALAXY S5とAQUOS Xxに関しては画面を見ているだけでは、シャッターを切った瞬間がまったく分からないため、シャッター音でシャッターが切れた時間を判断している。

  Xperia Z2 GALAXY S5 AQUOS Xx
カメラ撮影間隔 0秒94/
0秒44(クイック起動)
0秒21 0秒38

 ここでもトップは0秒21を計測したGALAXY S5。高速オートフォーカスを謳っており、さすがというところだ。連打して撮影が可能だ。ただ被写体によって撮影間隔は大きく違い、風景といった被写体が明確ではないシーンでは、時間がかかる。

 2位のAQUOS Xxも0秒38と高速で、GALAXY S5よりも被写体によるタイム差が小さい。周囲が暗いと若干遅めだが大きな差は無い。

 3位となったXperia Z2は通常時だと0秒94が最速で、1秒前後になる。設定で「クイック起動」の静止画撮影も有効にすれば最速0秒44へと短縮。サクサク撮影したいのなら設定を変更しよう。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART