このページの本文へ

CORSAIR「AX1500i」

初の80PLUS TITANIUM電源が登場、容量1500Wで約6万円!

2014年06月14日 22時49分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 80PLUS TITANIUM認証取得のCORSAIR製1500W電源ユニット「AX1500i」(型番:CP-9020057-NA)が来週20日にも発売予定だ。購入できるものとしては、初の80PLUS TITANIUM認証電源となる。

80PLUS TITANIUM認証取得のCORSAIR製1500W電源ユニット「AX1500i」

 新開発のデジタル制御回路を採用することで、最高94%の超高効率を実現。当初予定していた80PLUS PLATINUM認証からTITANIUMに格上げされたという経緯を持つ。+12V出力は1系統125Aで、電源ケーブルはフルモジュラー式を採用。コネクターは、ATXコネクター×1、EPSコネクター×2、PCI Express補助電源×10、4ピンペリフェラル×12、SATA×20、FDD×2という構成で、コンデンサーは105度対応の日本製が採用される。

 全体サイズは150(W)×225(D)×86(H)mm。冷却ファンは流体軸受採用の140mm静音モデルを搭載し、出力が450W以下では完全なファンレス駆動に対応する。そのほか、コルセアリンクによる各種設定やモニタリングもサポートしている。
 ツクモパソコン本店ではサンプルのデモも実施中。価格は5万5730円(税抜)で、ツクモパソコン本店のほかTSUKUMO eX.でも取り扱い予定だ。

+12V出力は1系統125Aで、電源ケーブルはフルモジュラー式を採用。出力が450W以下では完全なファンレス駆動に対応する

※お詫びと訂正:本文の一部、80PLUSの表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。(2014年6月16日)

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中