このページの本文へ

実売2万円のBay Trail-T搭載タブ「ASUS MeMO Pad 7」

2014年06月14日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Intelの最新モバイル向けプロセッサーを搭載する7型タブレット「MeMO Pad 7(ME176)」がASUSTeKから発売。アキバの各店で販売がはじまっている。店頭価格は1万9980円とお手頃だ。

気軽に使える普段着のAndroidタブレット「ASUS MeMO Pad 7」に新モデル登場。Intelの最新モバイルSoCであるBay Trail-Tを搭載している
価格は実売2万円と安価。全5色をラインナップする豊富なカラバリも魅力だ

 MeMO Pad 7は、コストパフォーマンスに優れるASUSTeKの格安タブレット。Cortex-A9ベースのARMプロセッサを搭載していた前モデルから、Bay Trail-TことIntelのクアッドコアSoC「Atom Z3745」(最大1.86GHz)を搭載するのが特徴だ。パフォーマンスが向上したのはもちろん、ボディーもよりスリムかつ軽量に進化している。

 OSはAndroid 4.4.2。ディスプレーは1280×800ドットの7インチIPS液晶、メモリー1GB、内蔵ストレージは16GB(外部ストレージはmicroSDXCカードに対応)を実装する。フロント200万画素、リア500万画素のカメラを備えるほか、ネットワークはBluetooth 4.0、無線LANをサポート。バッテリー駆動時間も約9時間とロングライフを誇る。

側面には電源・ボリュームボタンを配置。インターフェースはmicroUSB、microSDカードスロット、イヤホンジャックなどを備える

 カラバリはホワイト、イエロー、レッド、ブルー、ブラックの全5色。販売を行なっているのは、パソコンハウス東映などの東映無線各店(ブラック/ホワイトのみ)と、ソフマップリユース総合館などのソフマップ各店だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART