このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

国内初の「360度ジーニアスバー」も展開

やっぱりハイタッチで大興奮! アップルストア表参道がオープン

2014年06月13日 17時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3)、多田祥人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日本で8店舗目、都内で3店舗目となるアップル直営店が表参道に登場した

 アップルファンの「聖地」といえば、直営店の「Apple Store」。新製品の発売正月の初売りなどで行列ができるのが恒例で、テレビや新聞などにも取り上げられているのでご存知の方も多いはず。単にものを売るだけでなく、技術サポートが受けられる「ジーニアスバー」や、アップル製品の使い方を学べるワークショップなども展開しているのが特徴だ。

 6月13日10時、その直営店のうち日本で8番目となる「アップルストア表参道」(Apple Store, Omotesando)がオープンした。前日まで続いていた雨が上がり、夏を感じさせる強い日差しに迎えられてスタートを切って大いに盛り上がった現場を、写真でレポートしていこう。

住所は東京都渋谷区神宮前4-2-13。地下鉄・表参道駅の「A2」出口を上がってすぐ目の前に店舗がある。とんかつ屋「まい泉」の青山本店がある「原宿2丁目商店街」(原二本通り)の入り口脇、元マクドナルドがあった場所……といえばわかる人にはわかる!?
建物は地上1階、地下1階という構成で、歩道に面した全面ガラスが非常に目を引く
オープン当日は、先着5000名に記念Tシャツが配られるとあってか多くのアップルファンがつめかけて青山通りまで行列が伸び、角を曲がってもまだ続くレベルだった。目視でも1000人を超えていたと思われる
オープン30分前、地下一階から気合いの雄叫びが聞こえると、店員さんたちがぞろぞろとガラスの前に集まってきた。めちゃめちゃテンション高い!!
そのまま外に出て行列にご挨拶して、みんなの気持ちを奮い立たせていく。プレス席から遠くて見えなかったのだが、やたらと盛り上がっていた声だけ聞こえてきた(そして、ちょっとうらやましかった)
10時にあわせてカウントダウンが始まる
大きな「ゼロ!!」という声にあわせてグランドオープン。中に入っていく方々は、店員のハイタッチに迎えられて笑顔をほころばせていた
店内はすぐにお客さんで満たされていった

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中