このページの本文へ

ギガ・スピード+格安SIM=ギガ便利。

本田雅一さんがネットカイゼン診断! File05

ネット動画にハマって以来、速度制限の壁に苦戦中

2014年08月05日 13時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5人のネットユーザーが体験
「私たち、こうしてギガ便利になりました」

Eさん(23歳)

 社会人1 年生。インターネット環境はスマホオンリー。最近、会社の先輩から薦められた動画共有サービスの面白さにハマってしまい、スマホの画面に向き合う時間が急増。ほどなく、LTEのパケット通信量により速度が制限されてしまう。もともとそんなにスマホを使うほうではなく、外出先での利用も無料通話アプリやゲーム、メールくらいだった。

本記事の相談内容・アドバイスはNTT 東日本が編集作成したものです。

Eさんのネット環境カルテ

 新社会人のEさんは、学生時代も携帯電話を積極的に使うほうではなかった。無料通話アプリが目的でキャリアスマホに変えてみたものの、それ以外に頻繁に利用するのはメールやメッセンジャー、それにゲーム程度。パケット通信量がどのぐらいか?なんて意識する必要もなかった。社会人になってもそれは変わらない。パソコンを使うのは業務だけで、個人用にも必要としていなかったからだ。

 ところがある日、職場の先輩からスマホで見られる動画共有サービスを薦められたところ、これがとても楽しい。“ちょっとお試し”のつもりが、ついつい自宅で夜中まで見てしまう。好きなアーティストのPVが無料で楽しめるのも気に入って、いまでは音楽と言えば動画共有サービスで聴いている。

 パケット通信量による速度制限に達したことはまだないが、最近ではパケット通信量を頻繁にチェックするのが習慣になってきた。社会人になってからはスマホで仕事のメールをチェックすることもあるので、いざというときに追加料金が必要なんてことにならないか心配。「でもネット動画、なかなかやめられないんですよね」

本田のCheck! 「パケット通信をたくさん使っている“場所”に注目」

解決すべき課題

・自宅での動画閲覧が中心のEさんに最適な通信プランの選択

 Eさんの場合、スマホのパケット通信量を最も多く必要とするのは明らかに動画共有サービス。では、そのサービスをどこで使っているかというと、ほとんどは自宅のようですね。対して外出先では仕事のメールの確認などパケット通信量が少なくて済む使い道。

 ならば、自宅での通信環境を整えることが、カイゼンへの近道になるでしょう。

Eさんのネット環境カイゼン案

 最近は音楽アーティストが動画共有サービスを積極的に利用するようになり、無償で新作PVを鑑賞できます。もちろんユーザー投稿の動画も楽しいですね。

 動画共有サービスを音楽プレーヤー代わりに使うユーザーも増えているそうですが、動画は数あるメディアのなかでも、最も多くのパケット通信量を必要とします。つまりE さんの場合、使い方と機器のミスマッチが起きているのです。

 まずはフレッツ光のギガタイプ(初期費用・月額利用料が必要)の導入を検討してください。Wi-Fi経由でフレッツ光のギガタイプからアクセスすれば、これまでより快適な動画再生が期待できます。

 さらに動画をもっと楽しみたいならば、画面が大きく、自宅での仕事にも活用できるノートパソコンの導入を検討してはいかがでしょうか。

ギガ便利報告
ここまで使い勝手が良くなるなんて!

 フレッツ光のギガタイプのWi-Fiにしてからは、スマホでも動画を快適に見ることができます。パケット通信量の上限も気にならず、これまでのストレスが嘘のようです。それにしても“使い方と機器のミスマッチ”と言われてハッとしました。自宅でリラックスしているのに、わざわざ小さな画面を覗いているのは、よく考えると違和感ありますよね。さっそくお給料日にノートパソコンを買いました。


◎最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。インターネットご利用時の速度は、ご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況などにより大幅に低下する場合があります。

<フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプについて>
◎ご利用には初期費用と月額利用料がかかります。詳しくは「フレッツ光のギガタイプの料金を紹介」をご確認ください。
◎「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」は、光配線方式でご利用頂けます。
◎インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダとの契約が必要です(別途月額利用料がかかります)。サービスメニューごとに対応プロバイダは異なりますのでご注意ください。
◎有線でご利用いただく場合の推奨LAN 環境:LAN ポート1000BASE-T/LANケーブルカテゴリ5e以上。
◎ホームゲートウェイ、無線LAN カードを、本サービスをご契約の方にセットでレンタル提供いたします。
◎ホームゲートウェイは周波数帯が5GHz 帯におけるIEEE 802.11a/n/ac対応、無線LANカードは2.4GHz帯におけるIEEE 802.11b/g/n対応です。
<無線通信について>
◎無線LANをご利用される際には、第三者による情報の改ざん・なりすましなどを防止するために、セキュリティ機能(通信の暗号化など)の設定を行ってください。
◎無線LAN区間に電波を通しにくい遮へい物がある場合、同じ無線周波数帯を使用する機器が存在する場合など、ご利用環境によって通信ができない、または通信速度が大幅に低下することがあります。

この連載の記事