このページの本文へ

店頭予想価格は16万円台後半から

2スピンドルの13.3型モバイルがフルHDに進化! 東芝「dynabook R73」

2014年06月16日 12時00分更新

文● 笛木/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook R73」はCPUがパワーアップ!さらにディスプレーもフルHD対応に

 東芝は6月16日、光学式ドライブ内蔵の13.3型スリムコンパクトノートPCの新モデル「dynabook R73」を発表した。発売は6月20日を予定している。

 「dynabook R73」は、「dynabook R734」の後継モデルで、CPUが「Haswell Refresh」ことCore i7-4710MQ(2.50GHz)に強化。ディスプレーもフルHD対応13.3型ワイド液晶(1920×1080ドット)へと強化された。

 ストレージやメモリー容量などの異なる2製品をラインナップしており、「R73/38M」が8GBメモリー、1TB HDDのハイブリッドドライブ(HDD+NAND)、Blu-rayディスクドライブ搭載のモデル。「R73/37M」が4GBメモリー、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載したモデルだ。

 以下はどちらのモデルも共通で、OSがWindows 8.1 Update(64ビット)。Office Home & Business 2013を搭載している。

 通信機能は、IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0に対応。バッテリー駆動時間は約10.5時間。インターフェースは、USB 3.0×3、4K出力対応のHDMI端子、RGB端子、マイク入力/ヘッドフォン出力端子を備える。

カラバリはグラファイトブラックとプレシャスホワイトの2色

 本体サイズは約幅316.0×奥行227.0×高さ28.5(再厚部)mm。重さは、「R73/38M」が約1.53kg、「R73/37M」が約1.51kgだ。カラバリは裏ファイトブラック/プレシャスホワイトの2色となっている。

 店頭予想価格は「R73/38M」が18万円台後半、「R73/37M」が16万円台後半だ。

dynabook R73の主なスペック
 R73/38MR73/37M
ディスプレーフルHD対応13.3型ワイド液晶(1920×1080ドット)
OSWindows 8.1 Update(64ビット)
CPUCore i7-4710MQ
GPUインテル HD グラフィックス4600(CPU内蔵)
メモリー8GB4GB
ストレージ1TB ハイブリッドドライブ(HDD+NAND)1TB HDD
通信機能IEEE 802.11ac/a/b/g/n、1000BASE-T、Bluetooth 4.0
スピーカーステレオスピーカー
インターフェースUSB 3.0×3、HDMI端子(4K対応)、RGB端子、ブリッジメディアスロット(SD/SDHC/SDXC/マルチメディアカード)、マイク入力/ヘッドフォン出力端子、ウェブカメラ(約92万画素)
サイズ約幅316.0×奥行227.0×高さ18.3~26.5(最厚部28.5)mm
重量約1.53kg約1.51kg
オフィスソフトOffice Home & Business 2013
バッテリー駆動時間約10.5時間(JEITA 2.0)/約13時間(JEITA 1.0)
カラーグラファイトブラック/プレシャスホワイト
店頭予想価格(税込)約18万円台後半16万円台後半



 

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー