このページの本文へ

マイクロンジャパン「CT512MX100SSD1」、「CT256MX100SSD1」、「CT128MX100SSD1」

マイクロンの低価格&高速SSD「Crucial MX100」が6日から販売

2014年06月05日 22時37分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 512GBで実売価格が2万円台前半と格安なマイクロンジャパンの新型SSD「Crucial MX100」シリーズが、明日6日から各ショップで一斉に販売される。

マイクロンジャパンの新型SSD「Crucial MX100」シリーズが6日から販売

 「Crucial MX100」シリーズは、Marvell製のコントローラー「88SS9189」とMicron製の16nm MLC NANDフラッシュ(128GBモデルは20nm MLC NANDフラッシュ)を採用。SATA3.0(6Gbps)対応の2.5インチSSDの新モデルだ。上位モデルの「Crucial M550」シリーズと同じシーケンシャルリード最大転送速度550MB/secを実現しつつ、価格は普及モデルの「Crucial M500」より低価格になっているのが特徴。

 発売されるのは、容量512GBの「CT512MX100SSD1」、容量256GBの「CT256MX100SSD1」、容量128GBの「CT128MX100SSD1」の3モデル。厚みは7mmで、9.5mm用スペーサーが付属する。

128GB、256GB、512GBの3モデルが登場。9.5mm用のスペーサーが付属する

 主なスペックは、512GBモデルがシーケンシャルリード550MB/sec、ライト500MB/sec、ランダムリード9万IOPS、ライト8万5000IOPS。256GBモデルがシーケンシャルリード550MB/sec、ライト330MB/sec、ランダムリード8万5000IOPS、ライト7万IOPS。128GBモデルがシーケンシャルリード550MB/sec、ライト150MB/sec、ランダムリード8万IOPS、ライト4万IOPS。総書き込み容量(TBW)は72TB(1日あたり40GB×5年間)で、平均故障時間(MTTF)は150万時間になっている。

コストパーマンス優秀な「Crucial MX100」の512GBモデルは、人気が出そうだ

 なお、各ショップの販売モデルと予価は下記の通りだ。

価格ショップ
「CT512MX100SSD1」(512MB)
¥24,980ドスパラ パーツ館
¥23,980BUY MORE秋葉原本店
パソコンハウス東映
東映ランド
¥23,480ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
「CT256MX100SSD1」(256GB)
¥11,980ドスパラ パーツ館
パソコンハウス東映
東映ランド
¥12,480BUY MORE秋葉原本店
¥11,351ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
「CT128MX100SSD1」(128GB)
¥8,980ドスパラ パーツ館
¥7,980BUY MORE秋葉原本店

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中