このページの本文へ

iOS用「ATOK」はあるか?—ジャスト、「iOS 8」サードパーティIME解禁を受け開発情報を調査

2014年06月03日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ATOK Pad for iOS」

 6月3日、アップルがiOSデバイス用新OS「iOS 8」、開発者向けキット「iOS 8 SDK」を発表した。日本人ユーザーにとって大きなトピックは、サードパーティ製ソフトウェアキーボード(IME)が解禁されたことだ。

 ジャストシステムが、2009年12月にiPhone用インプットメソッドを開発・提供すると宣言し、2010年9月22日にメモ帳アプリ「ATOK Pad for iPhone」(現在の名称は「ATOK Pad for iOS」)という形でリリースしたことを覚えている読者は多いはずだ。日本語入力システムではなくアプリ形態となったのは、ジャストシステム側の問題ではなく、アップルのiOSに関するスタンスに由来する。iOS 8では、この問題がクリアされるのだ。

 ジャストシステムに確認したところ、発表されたばかりとあって「iOS向けIMEのサードパーティ解禁はずっと待ち望んでいたことですので、前向きに開発情報の詳細を調査している最中」としていた。調査の結果、iOS向け日本語入力システム「ATOK」の開発が決定されることを期待したい。

ATOK Pad for iOSApp
価格1300円 作者JUSTSYSTEMS CORPORATION
バージョン5.0.1 ファイル容量25.5 MB
対応デバイスiPhone、iPad、iPad touch 対応OSiOS 6.0以降

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中