このページの本文へ

夏休みの旅行先に迷ったらiPhone版「週刊じゃらん」が無料で便利

2014年06月18日 15時00分更新

文● らいら(@lyrahm

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 お盆や夏休みの旅行先を決めるとき、便利なのが旅行情報誌だ。多くの行き先の中からベストな旅行プランをあれこれ考えるのも、旅行の醍醐味と言えるだろう。しかしネットで一から情報収集するのは面倒である。

週刊じゃらん App
価格無料 作者Recruit Holdings Co.,Ltd.
バージョン1.6.4 ファイル容量2.8 MB
カテゴリー旅行 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 6.0以降

 そんなときは旅行情報誌「じゃらん」のiPhoneアプリ「週刊じゃらん」が便利だ。じゃらん編集者が現地取材した本誌特集の一部を、無料で読むことができる。書店ではその地域のじゃらんしか置かれていないことが多いが、このアプリなら「関東・東北」「東海」「関西・中国四国」「九州」4ブロックの本誌を購読可能だ。雑誌は月刊発行だが、アプリは毎週木曜に更新される。

週刊じゃらんの他にも「おすすめテーマ本」、地域ごとの「イベントカレンダー」、「にゃらんの部屋」など充実したラインナップだ

 アプリを開くと、マガジンラックにじゃらん各誌が立てかけられており、横には「PA・SA道の駅グルメ大図鑑」や「癒しのアウトドア&アクティビティ」など、特集の概要が表示される。画像をタップするとダウンロードが始まり、中身を読めるようになる。

 誌面をそのまま縮小した電子書籍雑誌の場合、iPhoneの画面では読みづらい場合が多い。しかしこのアプリはスマートフォンやタブレットに最適化されているため、左右にスワイプしながらストレスフリーで読むことができる。

 ボリュームは各特集につき10数ページ〜30ページほどで、1ページごとにお店や宿が1〜2ヵ所載っている。雑誌を試し読みする感覚に近いが、無料アプリならば満足できる内容だ。

 気になるページをタップすれば、詳しい説明や宿の連絡先などを見ることが可能。電話アイコンから直接施設に電話できたり、宿泊施設によってはじゃらんのサイトにアクセスできるので、予約もラクラクだ。

掲載スポットはすべて、画面上部の日本列島のアイコンからマップで位置を確認できる。メールやTwitterのシェア機能もある

 決してボリュームは多くないが、多機能のうえに読みやすいので入れておいて損はない。「夏休みはどこに行こうかな?」とパラパラ眺めながら旅行の計画を立てるにはうってつけのアプリだ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中