このページの本文へ

MSI「NTITAN Z 12GD5」

約40万円の「GeForce GTX TITAN Z」がMSIからも登場

2014年05月30日 23時08分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIA製GPU最上位モデル「GeForce GTX TITAN Z」を搭載したビデオカード。MSIからも「NTITAN Z 12GD5」が発売された。

MSI製の「GeForce GTX TITAN Z」搭載モデル「NTITAN Z 12GD5」。同GPU採用品としては4メーカー目の製品だ

 登場したのはリファレンス準拠のモデル。コアクロック705MHz、ブーストクロック876MHz、メモリークロック7000MHz。メモリーバス幅は384bit×2で、GDDR5 12GBのビデオメモリーを搭載する。
 また、出力インターフェースは、DualLink DVI-I×1、DualLink DVI-D×1、DisplayPort×1、HDMI×1で、PCI Express補助電源コネクターは8ピン×2という構成。なお、独自チューニングユーティリティ「Afterburner 3.0」により、動作クロックや電圧を変更して性能アップを楽しめる。
 価格はパソコンショップアークで39万9980円、ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で40万8240円となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中