このページの本文へ

CENTURY「裸族のテラスハウスRAID SATA6G」

裸族の新作は10TB構成も可能なRAID機能付きHDDケース

2014年05月28日 22時04分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーの外付けHDDケースに新モデル「裸族のテラスハウスRAID SATA6G」(型番:CRTS35EU3RS6G)が登場、パソコンショップアークで販売中だ。

センチュリーの外付けHDDケースに新モデル「裸族のテラスハウスRAID SATA6G」。5TB+5TBで最大10TBを搭載可能だ

 この製品は、Serial ATA対応HDDを2台搭載可能なRAID機能付きHDDケース。RAID 0(ストライピング)、RAID 1(ミラーリング)、さらに2台のHDDを1台として認識させるコンバイン、個別に認識するスタンダードの計4つのモードに対応する。5TB+5TBで最大10TBを搭載可能なほか、1台あたりわずか10秒でHDDの組込みができる。

 外部インターフェースはUSB 3.0とeSATAを装備し、高速データ転送を実現。内部には冷却ファン(60mm/3000rpm)を備え、電源連動機能やHDDに5分間以上アクセスがない場合にHDDの回転が停止するスリープ機能も搭載する。そのほか付属品として専用ACアダプター、USB 3.0ケーブル、eSATAケーブルなどが付く。
 価格は1万800円だ。

RAID 0(ストライピング)、RAID 1(ミラーリング)、さらに2台のHDDを1台として認識させるコンバイン、個別に認識するスタンダードの計4つのモードに対応する

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中