このページの本文へ

2つのスタンドデザインから選択可能

レノボ、省スペース型デスクトップ「ThinkCentre M83」に21.5型オールインワンPC

2014年06月03日 11時00分更新

文● 笛木/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
レノボから、省スペース型法人向け一体型デスクトップ「ThinkCentre M83z All-In-One」が登場

 レノボ・ジャパンは6月3日、省スペース型の法人向けデスクトップ「ThinkCentre M83」シリーズの新製品として、一体型デスクトップ「ThinkCentre M83z All-In-One」を発表。本日より発売を開始した。

スタンドにはモニタースタンド(右)と、フレームスタンド(左)を用意

 「ThinkCentre M83z All-In-One」のディスプレーは、21.5ワイド フルHD(1920×1080ドット)液晶。筐体の最薄部は約94mmのスリムデザインを採用。スタンドには角度調整が可能な「フレームスタンド」と、角度に加えて高さ調節もできる「モニタースタンド」の2種類を用意している。

 主なスペックは、CPUをCore i7-4770S/Core i5-4570S/Core i3-4130から選択可能で、メモリーが4GB(最大16GB)、ストレージは500GB HDDまたは500GBのハイブリットドライブ(8GB SSDをキャッシュとして搭載)から選べる。OSはWindows 8.1 Pro Update(64ビット)だ。

 市場のトレンドから構成を厳選・定番化することにより納期を短縮した「ファースト・セレクト」モデルと、ユーザーのニーズに対応した「カスタム・セレクト」を用意。スタンドやOSの違う5製品をラインナップしている。

 価格は11万6000円前後から。

「ThinkCentre M83z All-In-One」の主なスペック
製品名 ThinkCentre M83z All-In-One
CPU Core i7-4770S/Core i5-4570S/Core i3-4130
メモリー 4GB(最大16GB)
ストレージ 500GB HDD/500 HDD+8GB SSD
光学式ドライブ Slim DVDスーパーマルチ・ドライブ
ディスプレー 21.5型フルHD(1920×1080ドット)液晶
通信機能 Wireless-N 7260 b/g/n、1000BASE-T、Bluetooth 4.0
インターフェース シリアル・ポート×1、USB 3.0×2、USB 2.0×4、VGA端子、PS/2ポート×2、RJ-45×1、6in1カードリーダー(SD/SDHC/SDXC/MMC/MS/MS-Pro)、720p HD内蔵カメラ、マイク入力/ヘッドフォン出力端子
サイズ/重量 約幅540×奥行94×高さ396㎜/約7.5kg(フレームタイプ)
約幅540×奥行249.6×高さ445.5㎜/約9.15kg(モニタースタンドタイプ)
オフィスソフト なし
OS Windows 8.1 Pro Update(64ビット)

■関連サイト

カテゴリートップへ