このページの本文へ

デスクトップや周辺機器など6種のデータを用意

「銀獅」氏制作MMDデータ第2弾! キーボードの押下も可能な 「G-Tune PCセット」無償配布

2014年05月28日 15時00分更新

文● 笛木/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
G-TuneからMMDドラマへの利用に便利だという「G-Tune PCセット」のMMDデータが配布(TuneちゃんのMMDは第1弾のもの )

 マウスコンピューターは5月28日、ゲーミングブランド「G-Tune」より、MMDを使ったストーリー性のある動画「MMDドラマ」への利用に便利だという「G-Tune PCセット」のMMDデータ配布を開始する。

デスクトップやノートPCなど、6つのMMDデータが配布される

 今回配布されるデータは、デスクトップPC(NEXTGEAR)、ノートパソコン(NEXTGEAR-NOTE i420)、ノートパソコン用ACアダプター、キーボード(G-Tune Accurate Keyboard)、光学式マウス(G-Tune オリジナル オプティカルゲーミングマウス)、ゲーミング液晶(iiyama ProLite GB2488HSU)の6セット。

デスクトップPCのMMDデータでは、フロントパネルの開閉などが可能

 デスクトップPCのMMDデータでは、フロントパネルの開閉、内部の脱着式メッシュパネルの取り外しが可能なほか、ファンを回転させることや、パワーボタン/電源ボタンを押すことができる。

ノートPCのMMDデータでは、キーボードの押下、ゲーミング液晶ではチルトなどにも対応

 ノートPCのMMDデータでは、開閉やキーボードの押下、ACアダプターとの接続が可能で、ゲーミング液晶のMMDは、チルトやピポットにも対応している。キーボードやマウスをデスクトップに接続することで、デスクトップゲーミングPCの環境を再現できるとしている。

 制作は、第1弾のTuneちゃんMMDデータと同様に3Dモデラー「銀獅」氏が担当。

 公開する作品内や作品概要においての「MMD向けモデルデータ配布先への導線を設けること」「作品の動画公開時に「G-Tune」のタグ入力、タグロックをかけること」を要件とし、商用・非商用利用、改造・改変の制限無く使用可能。また、データの使用における報告の義務もない。

カテゴリートップへ

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune