このページの本文へ

「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform運用支援サービス」を提供

富士通、プライベートクラウド製品のOpenStack対応を強化

2014年05月22日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月21日、富士通はOpenStackに対応したプライベートクラウド製品・サービスの強化を発表した。

OpenStackに対応したプライベートクラウド製品・サービスの強化

 ミドルウェアにおいては、クラウドのサービスカタログを統合管理するポータルを提供する「Systemwalker Service Catalog Manager」を強化。OpenStackのAPIを活用したマルチクラウド環境に対応する。サーバーやストレージ、ネットワークといったICTリソースの有効活用と運用・管理を効率化するプライベートクラウド基盤ソフトウェア「ServerView Resource Orchestrator」も強化し、OpenStackに対応したAPIを提供。第一弾として、Midokuraのネットワーク仮想化ソリューション「MidoNet」が利用可能になるという。

 また、OSS対応の富士通製ハードウェアを用いた「OSSクラウド基盤 構築サービス」も強化。「Citrix CloudPlatform」、「Apache CloudStack」、「Eucalyptus」に加えて、「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform運用支援サービス」を新たに提供。Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform」に対応する。

 さらに「OSSインテグレーションセンター」のセンター員を中核に、開発/フロントSEを含めた700名の体制で、提案から事前検証、設計、構築、サポートまで、ライフサイクルにわたって、ユーザーのOSS活用をワンストップで支援する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ