このページの本文へ

お手軽スキャナ兼デスクトップライトを写真でいち早く確認

iPhoneがスキャナに変身! PFU「SnapLite」フォトレビュー

2014年05月21日 14時05分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PFUの新製品はiPhoneを高性能スキャナにしてしまうデスクトップライト「SnapLite」

iPhoneのカメラをスキャナ代わりにできる新ガジェット誕生

 PFUは5月21日、iPhone用スキャナ+デスクトップライト「SnapLite」を発表した。発売日は5月28日。価格は1万2800円。

 これは、専用アプリをインストールしたiPhoneとLED照明を組み合わせることで、およそA4(アプリ機能でA3まで拡大可能)の範囲をスキャナで取り込んだように撮影できる新ガジェット。カメラ撮影なので、通常のスキャナでは取り込みづらい小物や色移りしやすいイラスト類もデジタルデータ化できる。

 自動的に傾き補正とトリミングを行なうほか、名刺などを複数枚一度に取り込んだり、撮影を2回に分けることで最大A3までの範囲をスキャン可能。

 本体にはスキャン可能範囲を示すレーザーガイドを搭載。また、アプリ経由で照明色・強さのコントロールも可能。取り込んだデータは画像としてiPhoneに記録されるので、メールやSNS経由で即シェアできる。

 発表会などの模様は別途掲載予定。ここでは簡単なフォトレビューをお届けしたい。

パッケージの大きさはこのぐらい箱を開けると……
内容物一覧。本体、ACアダプター、SnapLiteのロゴシールiPhoneを置いたところ照明をONにしてみた。デスクトップライトとしても十分
脚にはタッチボタンが2つ。手前のリスのマークは撮影ボタン。奥は電源兼照明色変更ボタン照明部分のアップ。電球色と昼白色のLED、そしてレーザーガイドを搭載
iPhoneを置く場所には滑りづらい素材が使われている脚の背面には急速充電用のUSB端子とACアダプター用端子が見える

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中