このページの本文へ

アップルのCMにも登場した、心拍数をiPhoneで計るアプリ

2014年06月04日 12時00分更新

文● らいら(@lyrahm

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 心拍数(脈拍数)の計測は、ダイエットやトレーニングでは重要となる。「心拍数」とは一定の時間内に心臓が鼓動する回数を指し、血液が心臓に送られる際に生じる動脈の拍数を「脈拍数」と呼ぶ。運動の前後や最中に心拍を計ることで、トレーニングの強度を計る物差しにしたり、脂肪が燃焼しやすい心拍数で有酸素運動をすることで、ダイエット効果を上げられる。

 しかし、心拍数を毎回計測・記録するのは大変だ。メジャーな方法は、左手首の内側に右手の指先を当て、時計を見ながら脈の打つ回数を測定するやり方である。慣れないうちは計測が難しく、毎回記録をつけるのも面倒である。

Instant Heart Rate - Heart Rate Monitor by Azumio Free App
価格無料 作者Azumio Inc.
バージョン3.1.0 ファイル容量17.7 MB
カテゴリーヘルスケア/フィットネス 評価(4.5)
対応デバイスiPhone、iPad 2以降、およびiPod touch(第4世代)以降 対応OSiOS 5.0以降

 そんなときは、心拍数を計測・記録できるアプリ「Instant Heart Rate」を試してみよう。iPhoneカメラのLEDライトを利用し、光で毛細管の微妙な色の変化を読み取る仕組みだ。iPhone 5sのCM「Powerful」の英語バージョンにも登場するという人気アプリである。

 まずアプリを起動したら、TwitterやFacebookのアカウントでログインする。その後右下の歯車アイコンから設定画面を開き、生年月日や性別を入力。

 設定が完了したら、画面下中央の波線をタップして、心拍数を測ろう。人差し指の先をカメラに軽く押しつけ5秒ほど待つと、画面のメーターが振れて計測が始まり、約10秒でゲージが溜まって完了する。記録時には、「起床直後」や「運動中」といったタグのほか、メモも残せる。

心拍数はbpm(beats per minute)=1分ごとの拍動数で計られる。データはFacebookやTwitterへの共有も可能だ

 タイムラインでは過去の記録を閲覧したり、同年代の平均値との比較が可能だ。安静時の心拍数は男性が約60〜70、女性が約65〜75とされているが、設定で「心拍数ゾーンの計算」を「年齢に基づく」にしておくと、より細かく心拍数を比較できる。

無料版ではデータの保存は最大5件まで。200円の有料版であれば無制限となり、広告も消える

 実際に使ってみると、寝不足で疲れている時は心拍数が高く計測されるなど、精度の高さに驚いた。レビューの評価も高く、簡易的に計測・記録するには十分だろう。

 レンズに直接指を接触させるので、最初はやや抵抗があるかもしれないが、使用後はレンズを拭くようにすれば気にならないはず。こまめに心拍数を測定し、毎日の健康管理や効率的な運動に活用しよう。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中