このページの本文へ

Google、モバイルに適したページ作成支援・PageSpeed Insightsをアップデート

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2014年05月20日 04時34分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Google は2014年5月19日、モバイルフレンドリーなページ作成を支援する PageSpeed Insights をアップデートしたことを公式ブログで発表した。

同社によると、モバイルページの平均読み込み時間は7秒以上だが、PageSpeed Insights Tool やその読込速度改善施策に従うことにより、モバイルページ読込速度を改善することが可能という。ただし、たとえ読込速度を2秒まで短縮できたとしても、ページのテキストを読み込んだりページ操作する前に、ピンチズームや画面スクロールするのに5秒必要なのであれば結局のところ、それは速いとは言えない。

新規に追加された推奨事項は、例えば「ビューポートを設定する」(width=device-width の使用)「コンテンツのサイズをビューポートに合わせる」(横スクロールではなく、縦スクロールを推奨)、「読みやすいフォント サイズを使用する」「タップ ターゲットのサイズを適切に調整する」「プラグインを使用しない」などが挙げられている。

Making your site more mobile-friendly with PageSpeed Insights
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2014/05/making-your-site-more-mobile-friendly.html

#
どれもユーザーの立場でいえば、そうだよねという内容ですけれど、サイト開発側だとこういうところは気がつかないんですよね。

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング