このページの本文へ

直販限定、3モデル全てのCPUが強化

Core i7、Radeon R9搭載の17.3型ノート「dynabook Satellite T97/T87」-東芝ダイレクト

2014年05月15日 16時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Core i7-4710HQ(2.5GHz)を採用するウェブ限定モデルの17.3型ノート「dynabook Satellite T97/T87」

 東芝ダイレクトは5月16日、CPUにCore i7プロセッサーを搭載した、ウェブ限定となる17.3型ハイスペックノート「dynabook Satellite T97/T87」の2014年夏モデルを発表した。

 モデルチェンジにあたり、これまで3ケタ表記で統一されていたシリーズ型番の数字が2ケタに変更されている。現行機からCPUが強化されており、全てのモデルでCore i7-4710HQ(2.5GHz)を採用。また、キーボードが新たに抗菌タイル仕様となった。

 メモリーとストレージに変更はなく、16GBメモリー、1TBハイブリッドドライブ(HDD+NANDフラッシュメモリー)を搭載している。名門オーディオブランドであるHarman/kardon製ステレオスピーカー、4K対応HDMI出力端子などは現行モデルから引き続き採用されており、OSも変わらずWindows 8.1だ。

 モデルごとの変更点として、「dynabook Satellite T97/97M」およびT87の上位モデル「dynabook Satellite T87/87M」のGPUがAMD製のRadeon R9 M265Xとなっているほか、「dynabook Satellite T97/97M」のディスプレーがタッチに対応している。

製品の主なスペック
製品名 T97/97M T87/87M T87/77M
CPU Core i7-4710HQ(2.50GHz)
メモリー 16GB
ディスプレー タッチ対応17.3型 フルHD(1920×1080ドット)液晶 17.3型 フルHD(1920×1080ドット)液晶
グラフィックス Radeon R9 M265X インテル HD グラフィックス 4600(CPU内蔵)
ストレージ 1TB ハイブリッドドライブ(HDD+NANDフラッシュメモリー)
通信機能 IEEE 802.11ac/a/b/g/n、1000BASE-T、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×2、HDMI出力端子(4K対応)
光学式ドライブ Blu-rayディスクドライブ(BDXL対応)
サウンド機能 harman/kardon ステレオスピーカー
OS Windows 8.1 (64ビット)
Office Office Home and Business 2013/なし

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー