このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第354回

「Nikon 1 V3」で捉えた! なんとなくバツの悪い猫たち

2014年05月09日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
壁に据え付けられたメンテナンス用の足場を使って器用に上がってきた猫。まさか人間に見つかるとは思わず、目が合って「あっ」と思った瞬間(2014年5月 ニコン Nikon 1 V3)
壁に据え付けられたメンテナンス用の足場を使って器用に上がってきた猫。まさか人間に見つかるとは思わず、目が合って「あっ」と思った瞬間(2014年5月 ニコン Nikon 1 V3)

 先日、とある河川沿いを散歩してたときのことである。

 両側が切り立ったコンクリートで護岸された住宅街の河川で、川面まで数メートルの高さがある。断面図は凹な感じ。

 川の水は少なくて、雑草の生えた川原が少しだけ出現してる。

 その底にある川原を猫が歩いてたのである。どうやって降りたんだか。

 同行者がぼそっと「もしかして、あの猫、壁を上がれなくて困ってるんじゃなかろうか」という。だとしたら助けてあげたい。

 そういえば、川原に落ちて上がれなくて困ってる猫だか犬だかを助けたって話、聞いたことあるし、いくら猫でもこの急な壁を登るのは無理そうだし。

 というわけで、猫はどうしてるかなと堤防上の手すりから身を乗り出して底を見たら、なんと、冒頭写真である。

 コンクリートに据え付けられたメンテナンス用の足場を器用に上がってたのだ。いやあ猫すごいわ。賢いわ。

 真正面に回って見下ろしてみると「あ、バレた?」って顔で止まってる。

器用に上がってくる猫を正面から。やっぱ猫は器用で面白い。このまま邪魔しては悪いので、1枚撮ったあとでどいてあげました(2014年5月 ニコン Nikon 1 V3)
器用に上がってくる猫を正面から。やっぱ猫は器用で面白い。このまま邪魔しては悪いので、1枚撮ったあとでどいてあげました(2014年5月 ニコン Nikon 1 V3)

 わははは。すまんすまん、人が上にいたら上がれないよな、というわけで、ちょっとどいてあげたら、タタタタっと早足で登り、こっちをちらっと見て去って行ったのでありました。

無事上り終えた猫はこちらを気にしつつ去って行ったとさ。にしても愛嬌がある可愛い猫でありました(2014年5月 ニコン Nikon 1 V3)
無事登り終えた猫はこちらを気にしつつ去って行ったとさ。にしても愛嬌がある可愛い猫でありました(2014年5月 ニコン Nikon 1 V3)

 こういうときの猫は面白い。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART