このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スマホで始める「音楽アプリ部」 ― 第44回

音符が読めなくても大丈夫。パッドをいじって感覚的に操作可能

初心者でも簡単操作で楽曲が作れるiPhoneアプリ「Figure」

2014年05月10日 12時00分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初心者でもそれなりの音を作ってみたい……
そんなリクエストに応えるアプリ「Figure」

 おかげさまで好評をいただいているスマホで始める「音楽アプリ部」。ミュージシャンの方によるギターアンプアプリの実践や、シーケンサーアプリの発掘など、“使える”アプリを日々紹介している。

 一方、編集部内のメンバーである自分はというと、「大自然を自由に散策できるアプリ」だの、「ブッダマシーンのアプリ」だの、変わり種アプリを紹介していた。しかし、ついに突っ込まれてしまったのである。そろそろ実用的な音楽アプリを紹介せえよ、と。

 とはいえ、ぶっちゃけ自分はミュージシャンでもなければ、DTMに詳しいわけでもない。そんな人でも、簡単に音楽が作れて、それっぽい出来になるアプリってないでしょうか。

 そんなしょうもないリクエストに応えてくれる……かもしれないアプリが「Figure」。「空き時間が3分あれば、曲が作れます」が売り文句。無料でこそないが、価格も100円とくれば、気軽に試せる。

Figure App
価格100円 作者Propellerhead Software AB
バージョン1.6 ファイル容量23.7 MB
カテゴリーミュージック 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

 プロモーション動画を見ると、電車の中であっさりと楽曲を作ってしまっているが、こんな簡単にうまくいくのだろうか? 実際にこのFigureでどのように音楽を作っていくのかを紹介していこう。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中