このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

一家に一台ほしい存在

現代のラジカセ、ソニー「CMT-X7CD」はスピーカーの決定版

2014年05月04日 12時00分更新

文● 四本淑三 撮影●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーの「CMT-X7CD」は、レガシーなCD/AM/FMチューナーを内蔵しつつ、Bluetoothはもとより、AirPlayやDLNAにも対応する最新のネットワーク・オーディオスピーカーです。

 メーカーでは「マルチコネクトスピーカー」と称していますが、古い世代向けにわかりやすく言えば「2010年代に生まれたラジカセ」のようなものでしょう。CD/FM/AMを、USBメモリーに録音する機能が付くのも、今までのワイヤレススピーカーにはなかった機能です。

 今年は各社から、ネットワーク・オーディオ向けのさまざまな製品が出ているところですが、これはマニア向けではなく、より広く普及することを狙ったオールラウンダーです。その使い勝手は実際どうなのか。製品をお借りして使ってみた印象を申し述べます。

AM/FMラジオと、上面ローディング式のCDプレイヤーを内蔵。CDの再生や放送の受信だけでなく、USBメモリーなどへの「録音」もできます

「SRS-X」シリーズと同じ外観、近いスペック

SRS-X7

 外観は、すでに発売されているワイヤレススピーカー「SRS-X」シリーズと同系統のスクエアデザインで、タッチパネル式の操作系もまったく同じ。フロントグリルの色違いで、ホワイトとブラックの2色展開というのも同じです。

 なおシリーズバリエーションとして「CMT-X5CD」という機種もあります。Wi-Fiに対応しないだけで、それ以外はCMT-X7CDと同じ。SRS-X7との違いも含めて、表にまとめてみました。

両製品の仕様
製品名 CMT-X5CD CMT-X7CD SRS-X7
CDプレイヤー ×
AM/FMラジオ ×
Bluetooth
Wi-Fi(AirPlay/DLNA) ×
USB録音・再生 ×
内蔵バッテリー × ×
サイズ 幅385×奥行き81×高さ178mm 幅385×奥行き81×高さ178mm 幅300×奥行き60×高さ132mm
重量 約3.4kg 約3.4kg 約1.9kg
実用最大出力 40W(20+20W) 40W(20+20W) 40W(20+20W)
直販価格 2万4840円 3万5100円 3万4020円
ACアダプターを使わないので、机上は本体と電源コードのみですっきり。奥行きも薄いので、置き場所にも困りません。右背面にポップアップ式のWi-Fi用アンテナがあります
奥行きは81mm。SRS-Xシリーズのように完全な長方形デザインではなく、スラントした背面には放熱用のスリットが設けられています
背面はACコネクター、アンテナ端子、3.5mmステレオミニのAUX入力端子、ルーターと有線接続も可能なEthernet端子、USBメモリーを接続するUSB端子があります。USBメモリーで再生できるフォーマットはMP3、WMA、AAC。また、このUSB端子にウォークマンを接続すると充電しながらの再生もできます

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART