このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」 ― 第12回

日本でのIE人気も磐石ではない!?

世界のトップシェアはChrome! IE天下の日本は少数派

2014年05月05日 09時00分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本と世界ではIEとChromeの割合が逆転!?

 一方、日本は様子が異なる。トップはIE(49.61%)、2位はChrome(23.61%)、3位Firefox(12.87%)、4位Safari(9.93%)、5位Opera(1.13%)となっている。なんと世界シェアとは対照的に、Chrome:IE=約1:2と逆転しているのだ。

 ただし、日本でのIEは盤石なわけではない。2008年からの推移を見てみると、世界シェアに比べると緩やかだがIEは徐々にシェアを減らしつつあるのだ。2008年の71.46%から2013年には49.61%と20%以上も減っている。そしてChromeは世界シェアに比べると緩やかだが、一貫して増え続けている。2012年7月にはFirefoxを抜き、2位に踊り出た。

日本のブラウザーシェア(2014年3月時点)
順位 ブラウザー シェア
1 Internet Explorer 49.61%
2 Chrome 23.61%
3 Firefox 12.87%
4 Safari 9.93%
5 Opera 1.13%

※StatCounter調べ

新バージョンに移行が進まないIE

 ここからは、ブラウザーのバージョンも含めたシェアを見ていこう。Net Applicationsから2014年3月に発表されたブラウザーシェア調査によると、IE8が21.14%と約2割を占めてトップ。2位Chromeは17.52%、3位Firefoxは17.27%、4位IE11は15.71%、5位IE9は8.76%、6位IE10は7.12%、7位Safariが5.68%、8位IE6が4.15%、9位Operaが1.20%、10位IE7が0.80%となっている。

 なお、元データでIE以外のブラウザーはバージョンごとの違いを取り上げていないが、理由は明記されていない。IE以外はシェアが少ないためにまとめた可能性が考えられる。また、シェアを推定するにあたり、StatCounterは同じサイトへの総アクセス数を、Net Applicationsはユニークビジター数をそれぞれ用いている。計測方法が異なるため、合計した数値がかなり異なっている点に注意。

 2009年に登場したIE8のシェアが一番高く、2011年に出たIE9、2012年に出たIE10、2013年に出たIE11には移行が進んでいないことが見て取れる。OSと同様、IEでもバージョンが古いIE8のほうがシェアが高いという逆転現象が起きているのだ。

世界のブラウザーシェア(バージョン別/2014年3月時点)
順位 ブラウザー シェア
1 IE8 21.14%
2 Chrome 17.52%
3 Firefox 17.27%
4 IE11 15.71%
5 IE9 8.76%
6 IE10 7.12%
7 Safari 5.68%
8 IE6 4.15%
9 Opera 1.20%
10 IE7 0.80%

※Net Applications調べ。


 IE8はWindows 7に標準装備されているため、Windows 7のシェアの高さがIE8のシェアとつながっていると考えられる。また、現在でもOSシェアの3割を握るWindows XPにはIE8までしか対応していない。これもIE8のシェアが高く、IE9のシェアが低い一因かもしれない。

 IEがトップの国は日本以外に中国、南アフリカ、そしてグリーンランド等が挙げられる。Firefoxがトップの国はドイツ、ポーランド、イラン、イラク、アフリカ、インドネシア諸島等だ。対してChromeは、北米、南米、ヨーロッパ、ロシア、オセアニア等、多くの国でトップシェアを握っている。

 MicrosoftのWindows/IEは徐々にシェアを減らしつつあるが、日本も含めシェアトップに留まっている国は残っている。Microsoftにとっては、ここ数年が正念場だろう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ