このページの本文へ

BIOSTAR「BTC-24GH」

Bitcoin採掘用の専用基板がBIOSTARから登場予定! 約8万円

2014年04月17日 23時19分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1枚で、ビデオカード「Radeon HD 7970」×30枚分に相当する処理性能を実現するというBitcoin採掘に最適化された専用基板「BTC-24GH」がBIOSTARから登場した。販売元はアユート。

1枚で、「Radeon HD 7970」×30枚分に相当する処理性能を実現するというBitcoin採掘に最適化された専用基板「BTC-24GH」

 「BTC-24GH」は、仮想通貨Bitcoinの採掘に最適化なハッシュ関数処理チップ“ASIC”を64枚実装する専用基板。1枚で、ビデオカードの「Radeon HD 7970」×30枚分に相当する処理性能(24GH/sec)を実現するため、別途ビデオカードなどを増設する必要もなく、効率的な採掘を行なえるという。
 基板はサイズは244×244mmで、固定方法なども特にない。また消費電力は130Wで、電源ユニットには別途+12V 1系統出力で12A以上が必要になる。基板自体の発熱も高いため、別途ファンによる冷却も必須(基板にファンコネクターはない)のようだ。

パッケージも専用。裏面にも仕様が記載されていた
仮想通貨Bitcoinの採掘に最適化なハッシュ関数処理チップ“ASIC”を64枚実装。PCとの接続インターフェースはUSB 2.0

 PCとの接続インターフェースはUSB 2.0。最大50枚まで基板を連結して最大1200GH/sまで処理速度を高速化できるとしている。付属品はシグナルケーブル、電源ケーブル、USBポート接続ケーブル。保証は初期不良期間1ヵ月となっている。
 4月24日発売予定で、今週末までサンプルを展示予定のオリオスペックでの予価は7万3889円(税抜)。

製品にはマニュアルも付属するが、やはり完全玄人向けの製品となる点は覚悟しておこう

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中