このページの本文へ

お菓子を買うとツイートで晒されてしまう自動販売機

2014年04月17日 21時46分更新

Nicole Nguyen via ReadWrite

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Arduino が組み込まれたこの自動販売機は、あなたがお菓子を購入する度にその事実をツイートで公開してしまう。

Arduino

お菓子を買うとツイートで晒されてしまう自動販売機はいかがだろうか?自分がお菓子を買ったという事実を自動販売機が世界中に公開してしまうと分かっていたら、ついつい甘いものを食べてしまう前にじっくり考えるようになるだろう。

イギリスに拠点を置く「Nottingham Hackspace」というクリエイター集団は、スナックの自動販売機を改造してメンバーが何を食べたのかいちいちツイートするようにしてしまった。彼らはまず募金で資金を集め、eBay で自動販売機を購入した。その後オープンソースのプロトタイピング・プラットフォーム「Arduino」を使ってこれを改造したのだ。

彼らは Arduino を使って決済システムを変更し、各メンバーのカードを認識するためのカード・リーダーを取り付けた。カードには RFID チップが埋め込まれており、ワイヤレス通信を通じて購入者と支払金額を取得する。

購入した場合には自動販売機が Nottingham Hackspace のサーバー「Holly」に接続し、誰がいくら分のお菓子を買ったかをツイートするのだ。このシステムは、我々のオフィスにも必要なのではないかという気がする。


画像提供:Computerphile(YouTube より)

編集者注:この記事は ReadWrite のパートナーPopSugar Tech によって公開されたものです。


※本記事はReadWrite Japanからの転載です。転載元はこちら


カテゴリートップへ

ピックアップ