このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

映像とサウンドにこだわったハイスペックノート 「dynabook Qosmio T974」 ― 第1回

もうすぐ始まるゴールデンウィークのお供にぴったり

3Dゲームも軽々動く!バッテリー駆動も“とても快適”な「dynabook Qosmio T974」

2014年04月18日 11時00分更新

文● 柴田尚

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
東芝のハイスペックゲーミングノート「dynabook Qosmio T974/97K」

 「dynabook Qosmio T974」は、17.3型ワイドのフルHD液晶を搭載し、CPUにCore i7-4700MQを、GPUにGeForce GTX 770Mを採用したハイスペックなゲーミングノートPCだ。一般の店頭販売はしておらず、直販サイト「東芝ダイレクト」にて販売しているWebオリジナルモデルとなっている。まず今回は、この「dynabook Qosmio T974/97K」のパワーを具体的に各種3Dゲームのベンチマークソフトを使ってチェックしてみよう。

 使用するベンチマークソフトとして、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」、「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver.1.10」、「ファンタシースターオンライン2 キャラクタークリエイト体験版 ver.2.0」の3本を使用する。また、「Qosmio T974/97K」はインテル HD グラフィックス 4600とGeForce GTX 770Mを搭載し、デフォルトではNVIDIA Optimus Technologyによって負荷の大きさに合わせて自動的に切り替えるようになっている。今回はベンチマークのため、NVIDIAコントロールパネルから3Dグラフィックスでは後者を常に使うよう設定してある。

「dynabook Qosmio T974/97K」の主なスペック
型番PT97497KBXBW
CPUCore i7-4700MQ(2.40GHz)
メモリー16GB
グラフィックスGeForce GTX 770M
ストレージ1TBハイブリッドドライブ(HDD+SSD)
通信機能1000BASE-T、IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
インターフェースUSB 3.0端子×4、HDMI出力端子、約92万画素Webカメラなど
メディアスロットブリッジメディアスロット
本体サイズ/重量約幅418.4×奥行272.5×高さ30.3~43.5mm/約3.4kg
OSWindows 8.1(64ビット)
東芝ダイレクト


(次ページ、「3種類のゲームベンチの結果は!?」に続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー