このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Oculus Rift × MMDが奇跡の邂逅

日本また始まった!! クリィミーマミとの握手会がメチャすごい

2014年04月13日 14時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アニメ「魔法の天使クリィミーマミ」にとって、2013年はテレビ放送から30周年という節目の年。昨年2月から記念グッズの販売やサイン会を各地で行っていたわけだが、今年の4月12日には東京都立川市にて、「Blu-rayメモリアルボックス発売記念 30周年記念スペシャル上映会第2弾 in 立川シネマシティ」と題したイベントを開催した。

 企画の目玉は、OVA作品の上映や、太田貴子さん、水島裕さん、島津冴子さん、井上和彦さんら声優陣によるトークショー。しかし、今回の記事でクローズアップしたいのは、そのロビーで展開していたクリィミーマミとのヴァーチャル握手会である。最先端のトレンドを押さえたものすごい展示をレポートしていこう!

場所は立川シネマシティ シネマ・ツー。19時スタートの上映会に先駆けて、物販や握手会を実施していた

HMDをかぶるとマミの目の前に立てる!

 いきなりだが、バーチャル握手会といわれて、今回の実物を想像できる人はほとんどいないはず。テレビに流れるキャラの映像を見て、握手をした気分になるもの? いや、違うんです……。正解はこんな感じ。

握手前に、まずVRヘッドマウントディスプレーの「Oculus Rift」を装着。かぶると視界がほぼすべて覆われて、頭を動かすとその方向に合わせて映像を切り替えてくれるので、CGの世界に入った体験ができる
そして脇にある手の模型を握って、前後や上下にフリフリすると……
CGのマミも手が動く! しかもこちらを見て微笑んでくれたりするのがうれしい! 作品としては「Mami Mami Akushu」という名前になる

 ポイントは、仮想空間で映像を見るだけでなく、リアルに触れて、かつCGがリアクションをとってくれるというところ。Oculus Riftは非常に没入感が高いため、マミと同じ空間に自分がいて、本当に握手している気分を味わえる(詳細はこちらの記事で)。体験した人たちからは、口々に「すごいですね」や「ヤバい!」といった声が聞かれた。

一時は行列が長くなりすぎて、いったん奥の場所に移動した時間帯もあったほど
はしゃぐGOROman氏

 この展示は、「Miku Miku Akushu」という初音ミクと握手できるシステムをベースにしている。発案者は、Oculus Rift関連のユーザーイベント「Ocufes」を主催する桜花一門さん。そのアイデアをOculus Riftの私設エバンジェリストとして有名なGOROmanさんが、統合ソフト開発ツール「Unity」を使って一夜漬けでマッハ開発し、昨年9月のOcufesに出展(経緯はTogetterを参照)。同時にYouTubeに投稿した動画が注目を集めて、ネットで話題を巻き起こした。

 大好評だったのを受けて、さらに10月に「デジタルコンテンツEXPO 2013」にも登場した。元々、手の部分は某通販サイトで買った980円のネイル練習用のものだったが、「やっぱりこの触感じゃない!」と奮起し、プロノハーツに協力を仰いで、自腹を切ってシリコン製のものに変更。各種メディアにも取り上げられて知名度をあげ、この4月26、27日に幕張メッセにて行われるniconicoのお祭り「ニコニコ超会議3」にも出展する。

デジタルコンテンツEXPO 2013では、会場のアンケートに答えると握手できるという流れだった。これで回収率があがったとかなんとか

前へ 1 2 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社