このページの本文へ

PROGRAMMING Web制作をちょっと便利にするGoogle Apps Script入門 ― 第3回

30分で作れる!セミナー受付がラクになる自動システム

2014年04月16日 11時00分更新

掌田津耶乃

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 Googleフォームの用途で多いのが、セミナーやイベントの申し込み受付です。前回は機能を説明するために簡単な問い合わせフォームを作成しましたが、Googleフォームはもちろん実用的なフォームの送信に使えます。今回は、セミナーやイベントの受付時に便利なシステムをGoogleフォームで作りましょう。Google Apps Script(以下、GAS)を使えば、以下の処理を自動化できます。

  • セミナーの申し込み者に会場地図付きの受講票メールを返信する
  • セミナー当日の朝にリマインダーメールを送る
  • 会場での受付に便利な確認用のチェックシートを生成する

セミナー申し込みフォームの作成

 最初にセミナーの申し込みフォームを作成しましょう。Googleドライブの「作成」ボタンから「フォーム」メニューを選んでください。

「フォーム」を選んでフォームを作成する

 「タイトルとテーマを選択」画面が現れたら、タイトルを入力しテーマを選びましょう。ここではタイトルを「セミナー申し込み」、テーマは「デフォルト」にしました。

タイトルとテーマを入力する

 フォームのタイトルの下にある「フォームの説明」の入力エリアに、セミナーの説明テキストを記述します。

以下のフォームよりお申し込みください。
日時:7月7日(月)14:00〜16:00
名称:米国Webマーケティングのいま
フォームの説明文を記入する

 フォームの項目(アイテム)を作成します。前回と同じように、「アイテムを追加」ボタンを順次クリックして、質問のタイトルと質問の形式、必須の質問のチェックボックスを設定します(詳細は前回をご覧ください)。以下の項目を作成してください。

  質問のタイトル 質問の形式       必須の質問

  会社名     テキスト        OFF

  部署      テキスト        OFF

  お名前     テキスト        ON

  フリガナ    テキスト        ON

  メールアドレス テキスト        ON

  郵便番号    テキスト        ON

  都道府県    リストから選択(後述) ON

  市区町村    テキスト        ON

  番地      テキスト        ON

フォームの項目を作成する

 これらの項目のうち、「都道府県」については、テキストではなくリストから選択すると便利です。質問の形式を「リストから選択」にすると、リストの項目名を入力するフィールドが現れます。ここに「北海道」「青森県」「岩手県」……というように、都道府県を記入していけば、都道府県を選択するリストが完成します。

「リストから選択」では、選択する項目名を順に入力していく。

 項目の入力が終わったら「完了」ボタンをクリックし、その下にある「確認ページ」の欄に、フォーム送信後に表示するメッセージを設定します。

お申し込みありがとうございます。
個人情報の取り扱いについて
1. ご記入いただきました個人情報は、今後の当社セミナーの開催・運営に関するご案内の送付にも利用いたします。
2. ご記入いただきました個人情報は、個人情報保護ポリシーに則り適切に扱います。
確認ページにメッセージを記入する

 以上でフォームは完成です。「ライブフォームを表示」ボタンをクリックしてフォームを開き、表示を確認しましょう。

完成したフォーム。テスト送信して、正常に動くかをチェックしてみよう

この連載の記事

一覧へ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング