このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PCパーツ人気ランキング&店員も欲しがる旬なパーツ(3月25日~4月8日)

【売上ランキング】新型が続々登場中のSSDに注目

2014年04月09日 17時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パーツストリート
PCパーツの売れ筋ランキングと、店員オススメのパーツを隔週で掲載する

 毎週、新製品が登場するアキバのPCパーツショップ。そんなPCパーツの売れ筋ランキングと、日々パーツに接しているPCパーツショップ店員が自信を持ってオススメする旬なパーツを掲載する本コーナー。
 売れ筋ランキングは、CPU、メモリー、マザーボード、 HDD/SSD、ビデオカードといった主幹パーツからケースフ ァンといった小物まで、旬なパーツを隔週で掲載していく。

新型SSDか、特価が目立つ旧型か悩みどころ

BUY MORE秋葉原本店

 コンシューマー向けのSSDに、各社から新製品が続々と登場している。久しぶりに自社製コントローラーを搭載した「Intel SSD 730」、少し性能が向上した東芝の新型SSD「HG6」を採用したCFD販売パッケージ版「S6TNHG6Q」シリーズ、そしてM.2タイプのSSDを基板上に搭載したPlextor初のPCI Express×2インターフェース対応の「M6e」、高速SSDの定番「M5」シリーズの後継となる「M6S/M6M」モデルなどだ。

 PCI Express接続のPlextor「M6e」シリーズは、初回入荷のショップが限られ、入荷数も少量だったため完売&次回入荷未定状態だが、「M6e」以外の新型SSDは各社とも潤沢だ。

 そこで、今回は新型&旧型でラインナップが一時的に増えているSSDの売れ筋をチェックすることにした。ランキングデータは、「BUY MORE秋葉原本店」にお願いし、各社の新型SSDが登場&発表された3月25日~4月8日の2週間を集計してもらった。

【取材協力】

東芝SSDは新型も鉄板でキマリ

集計期間 3月25日~4月8日 BUY MORE秋葉原本店
順位 製品名 実売価格(税込)
1位 Crucial「CT240M500SSD1」特価品
(2.5インチ、240GB)
1万6280円(完売)
2位 CFD販売「CSSD-S6T128NHG6Q」
(2.5インチ、128GB)
1万1800円
3位 Samsung「MZ-7TE250B/IT」
(2.5インチ、250GB)
1万7280円
4位 Samsung「MZ-7TE120B/IT」
(2.5インチ、120GB)
1万80円
5位 東芝「HDTS325XZSTA」
(2.5インチ、256GB)
2万380円
6位 CFD販売「CSSD-S6T256NHG6Q」
(2.5インチ、256GB)
2万580円
7位 Plextor「PX-128M5P」
(2.5インチ、128GB)
1万3180円
8位 Intel「SSDSC2BW240A4K5」
(2.5インチ、240GB)
2万1080円
9位 Crucial「CT128M550SSD1」
(2.5インチ、128GB)
1万800円
10位 Crucial「CT256M550SSD1」
(2.5インチ、256GB)
1万8380円

 1位のCrucial「M500」シリーズの容量240GBモデル「CT240M500SSD1」は、特価品とのことなので、東芝の新型SSD「HG6」を採用するCFD販売「CSSD-S6T128NHG6Q」が1位と見ていいだろう。また、6位にも256GBモデルがランクインしている。

1位のCrucial「M500」シリーズ。BUY MORE秋葉原本店と同じく、多くのショップで値下がりしている。ライト性能にこだわらなければねらい目だ

 「安定して売れているのは、コストパフォーマンスのいいSamsungの『840 EVO』ですね。ただ、『S6TNHG6Q』シリーズの256GBモデルは先週売り切れだったので、在庫があれば3位くらいに入っていたかも。やっぱり東芝製のネームバリューと、CrystalDiskMarkによる4K QD32のライト性能が、しっかり性能アップしているのがいいですね。あと、信頼のMarvell製コントローラー採用はそのままに、低容量モデルのライト性能が向上したCrucial『M550』シリーズが好調ですね」とのことだ。

 ちなみに他のショップでも、CFD販売「S6TNHG6Q」とCrucial「M550」シリーズは売れ行き好調だ。なお、高速SSDの鉄板メーカーのひとつであるPlextorの最新SSDの「M6S」(2.5インチモデル)シリーズは、より高速で価格差が1000~2000円程度の「M5P」シリーズが残っているため、売れ行きが今ひとつという声があった。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中