このページの本文へ

米Fitbit,Inc.のCEOは語る

米国で圧倒的なシェアを誇る「Fitbit」の良さは互換性にある

2014年04月08日 18時36分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Fitbit,Inc.は4月8日、ウェアラブルガジェット「Fitbit」の製品と今後の展開について、メディア向けに説明会を開催した。

 Fitbitは加速度センサーと高度計を内蔵する活動量計で、歩いた歩数およびカロリーの消費数、睡眠などのデータを取得し、ワイヤレスで転送できる。データはFitbitのウェブサイト、iOS/Android向けアプリで確認が可能。現在日本ではZIP/ONE/Flexの3モデルを用意し、北米では時計機能や有機ELディスプレーが付いたハイエンドモデルのForceも販売中だ。

Fitbit ZIPFitbit ONE
Fitbit Flex

 Fitbit,Inc.は2007年にサンフランシスコで設立された。説明会に登壇したCEOのジェームズ・パーク氏によると「フィットネスデバイスの急成長リーダー企業で、Fitbitは全世界3万店の小売店で販売されている」という。

CEO ジェームズ・パーク氏
Fitbitの使命は「人々の生活をより健康でアクティブにすること」日常で運動を取り入れたいと思っている人がターゲットだという

 急成長という言葉が示すのは、米国での販売シェアだ。2013年のクリスマス商戦期における、活動量計のマーケットシェアは77%でトップ。JawboneやNIKEを抑えており、2013年全体で見ても67%と、3分の2以上のシェアを獲得している。

 理由のひとつとしてジェームズ・パーク氏は、対応端末との互換性の高さを挙げた。現在Fitbitの対応端末は、Xperia Z UltraやNexus 7などのAndroid端末が計35機種。iOS端末は9機種に対応し、合計44機種で使える。全世界でAndroid端末がスマホシェアの80%とも言われている中で、これだけ対応しているFitbitのシェアが高いのはうなずける。

2012年から2013年にかけて20%近くシェアを伸ばしているこちらはデジタルフィットネスカテゴリーのシェア率
Android、iOS端末の対応状況

 また、GPS機能付き時計や心拍計などの領域での米国シェアも40%であることを明らかにした。さらにはiOS向けアプリのヘルスケアのカテゴリーにおいても、JawboneのUPやNike+ FuelBandを抑え、1位を獲得したという(2013年12月時点)。

 ジェームズ・パーク氏は「ほかの企業はいくつも事業部があり、活動量計もそのひとつ、というところもあるかもしれない。だが、活動量の把握について我が社は唯一無二の事業。会社の力をそこに集中している」という。だからこそハードとソフトの両面で高いシェアを獲得しているのかもしれない。

 今回、日本でのシェアは明かされることはなかった。しかし、国内で今のところ販売しているのはFitbit ZIP/ONEについてはソフトバンクBB経由、Flexはソフトバンクモバイル経由で、競合製品より目にする機会は少ないはず。だが、今後はヨドバシカメラやビックカメラ、アップルストアなどで販売する準備をしているという。

ジェームズ・パーク氏は日本は健康に対する意識が高いと考えている

 また、近いうちに食品のデータベースを10万件以上持つ企業からデータを取得し、食事のカロリーや消費数をローカライズした形で展開する予定だと明らかにした。

 なお、Fitbit Forceの日本販売については「今後展開していく」にとどめた。

Fitbitの新しいアプリをiPhone 5sで使うと、Fitbitそのものを使わなくても、活動量を記録できるようになるという。「これを使ってくれて、さらにもっと機能を使いこなしたい人にFitbitの製品自体を買ってくれればいい」と考えているそうだファッションブランド「トリーバーチ」とのコラボモデルも予定している

記事公開当初、販売代理店に誤りがありました。訂正し、お詫び申し上げます(2014年4月9日)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART