このページの本文へ

アマゾン、バーコード読取や音声操作で注文を手軽に!

2014年04月07日 05時18分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米アマゾンは、生鮮食品や日用品などをオンライン上で注文し、最短で当日夜もしくは翌朝までに宅配で受け取れる通販サービス「AmazonFresh(アマゾンフレッシュ)」を展開しているが、その注文をより手軽に行えるツールとして「Amazon Dash(アマゾンダッシュ)」を発表した。

Amazon Dash(アマゾンダッシュ)

Amazon Dash(アマゾンダッシュ)

 Amazon Dashは、テレビリモコンのような手のひらサイズのスティック状の本体にスキャナーとマイク、Wi-Fi機能を搭載したもの。ボタン類はスキャン用と音声操作用の2つのみというシンプルな設計で、商品パッケージなどに印刷されているバーコードをスキャンするか、商品名等を声で伝えるだけで、Wi-Fiを経由してAmazonFreshの注文リスト(買い物かご)に追加することができる。その後はパソコンやスマホ、タブレットなどで注文リストを確認し、注文すればよい。

 AmazonFreshは、米のシアトルとロサンゼルス、サンフランシスコで展開されているが、仮に日本へ進出してくれば国内のネットスーパー事業者などにとっては大きな脅威となるはず。しかし一方、米アマゾンは昨年末に「予想出荷システム」という特許を取得。これは、ユーザーの過去の購買パターンから次の購買を予想しようとする技術で、AmazonFreshに応用されれば、たとえば、しょう油が残り少なくなったタイミングでしょう油を自動的に注文してもらう、といったことも夢ではない。お買い物のスタイルがより便利になるという点では、今後の展開に期待される。

バーコードをスキャンするイメージ

バーコードをスキャンするイメージ

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ