このページの本文へ

玄人志向「KRPW-N700W/92+」、「KRPW-N700W/88+」

白いケースに良く似合うホワイト筐体の電源が玄人志向から登場

2014年04月01日 22時38分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ホワイト筐体を採用する電源ユニットが玄人志向から登場した。ラインナップは、80PLUS PLATINUM認証の「KRPW-N700W/92+」と、80PLUS SILVER認証の「KRPW-N700W/88+」2モデル。

ホワイト筐体を採用する電源ユニットが玄人志向から登場。同じくホワイトカラーのPCケースに良く似合いそうだ

 どちらもATX12V Ver2.4/EPS12V Ver2.92準拠で出力700Wの電源ユニット。採用ケーブルはプラグインタイプで、曲げやすく配線が容易なフラットケーブルを採用するほか、冷却ファンは120mmタイプを搭載する。全体サイズは150(W)×140(D)×86(H)mm。コネクター構成は20+4ピン×1、ATX12V 4pin/EPS12V 8ピン×1、PCI Express 6+2ピン×4、SATA×10、ペリフェラル4ピン×4(FDD変換ケーブル)。

全体サイズは150(W)×140(D)×86(H)mm。メイン以外のケーブルはプラグインタイプとなる

 価格は「KRPW-N700W/92+」がツクモパソコン本店で1万4096円(税別)、ドスパラ パーツ館で1万4800円、「KRPW-N700W/88+」がツクモパソコン本店で1万1239円(税別)、ドスパラ パーツ館で1万1800円だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中