このページの本文へ

インフラ屋さんの週刊ブックマーク ― 第55回

筆者の目線から1週間の出来事を振り返る 3月23日~3月29日

iPad版Office無料配信、MS-DOSとWordのソースコード公開

2014年03月31日 16時34分更新

文● 杉田正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Nvidia reveals $3000 GTX Titan Z graphics card for "supercomputer-inspired performance"

(GAMESPOT/3月26日)

「NVIDIAは本日、同社の年次テックカンファレンスにおいて、合計5760プロセッシングコアを搭載した『GeForce GTX Titan Z』を発表した。」1枚300ワット以下のPCIカードで、5760コアも搭載する新しいGPUカード。サーバーメーカーのSuperMicroからは、このGPUを8枚搭載できる新製品も発表された。4Uサイズで4.6万コア。

GPUカード「GTX Titan Z」を発表するNVIDIA CEOのジェンスン・ファン氏
SuperMicroは、GTX Titan Zを8枚搭載できるサーバー筐体を発表。4Uサイズで4.6万コア!

Dell、3GB/secのSamsung製NVMe SSDを業界で初めて採用

(PC Wacth/3月26日)

「NVMe(NVM Express)はPCIe(PCI Express)接続のSSDを想定したホストインターフェイスの新規格」。ランダムリード最大75万IOPSな高性能。NVMeは今後、サーバーに標準搭載されてくる。

H-IXデータセンター FISC安全対策基準適合評価を取得

(Hokkaido Internet Exchange Data Center/3月27日)

「金融系のお客さまを中心に、データセンター選定条件の一つとして、FISC安全対策基準への適合を求められることが多くなってきており、お客さまに安心してH-IXデータセンターをご利用いただけるよう、FISC安全対策基準の審査を受審することといたしました。」金融系データセンターで使われる安全対策基準、FISCに対応。

ニフティ、「ハコクラ」にWindows端末管理サービスなど5タイトルを追加

(クラウドWacth/3月27日)

「「ハコクラ」は、パートナーが提供するSaaSを一定期間試用できるプロダクトキーとマニュアルを同梱し、簡単に利用できるようにしたパッケージ」。タイトルが増えてサービスを受けやすくなってきました。

ニフティの「ハコクラ」、累計20タイトルに

(→次ページ、PayPalが8万台のサーバーをVMwareからOpenStackへ移行)

この連載の記事
ピックアップ