このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第201回

iOS 7.1の「Siri」を男性の声にしてみよう

2014年03月31日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

 今回もiOS 7.1でアップデートされたポイントに焦点を当てよう。iOSの音声認識、「Siri」についてだ。iOSに搭載された当初はみんな面白がって遊んだものの、今となっては使っていない……という人も少なくない。

 しかし、iOS 7.1でもSiriは地味に強化されている。ポイントは2点。「声を男性/女性の2つから選べる」ことと、「音声を聞き取るタイミングを指定できる」ことだ。

 Siriの音声の切り替え方は、「設定」アプリの「一般」から「Siri」をタップし、さらに「声の性別」をタップする。あとは、「男性」/「女性」のいずれかを選べばOKだ。

「設定」アプリから「一般」→「Siri」
「声の性別」をタップすると、男性/女性を選べる

 「男性」は、ちょっとアナウンサーっぽい、事務的な声になっている。落ち着いた音声で話してくれるので、聞き取りやすい。また「女性」もそうなのだが、Siriが搭載された当時から比べると、しゃべり方がよりなめらかになった印象だ。

 またiOS 7.1でSiriを使うときは、ホームボタン、または画面上のSiriボタンを押せば、「押している間だけ」聞き取ってくれる。これにより、騒がしい場所などでも、聞き取ってほしい声と聞き取ってほしくない声を区別できるので、より聞き取りの精度を上げることができるわけだ。

Siriが音声を認識している間に、iPhoneのホームボタンか、画面上のSiriボタンを押すと、押している間だけ聞き取ってくれる

このテクを使っている覆面:カリーさん

 Siriは使っていない人もいるかもしれないんですが、今回の「聞き取る場所を指定する」のは騒がしいところでも使えるので便利ですね。あと男声にできるのも、「人前で女性の声で話かけられて噂とかされると恥ずかしいし……」という人でも使えるようになったので、細かいですがよい改善点かと……。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中